銀行融資の基本 資金繰り

銀行融資返済条件変更(リスケ)の手引き リスケ要請の成否の90%はたった1つの行為で決まる

売上減少などが原因で資金繰りが苦しくなった時に銀行に融資の返済条件変更(リスケ)の相談を行うことができます。
融資の返済条件変更(リスケ)の相談においてはとても大切なことが1つあります。
その1つとは何かを融資担当の銀行員が説明します。

「すぐに相談する」が成功の第一

返済条件変更(リスケ)要請の成否の90%はたった1つの行為で決まるといっても過言ではありません。
それは、「返済が苦しいと感じたら迷わずすぐに銀行に相談する」ということです。
返済が苦しいと感じても何とかがんばろうとし、ますます傷が大きくなったり、あるいは返済が苦しいと感じても銀行に相談できず延滞が長期化し法的措置を受けてしまい、事業の継続が困難な企業が少なくありません。

少なくとも延滞前に相談を行う

返済が苦しいと少しでも感じたらすぐに迷わず銀行に相談するのが一番ですが、気が向かない気持ちは十分に理解できます。
銀行から拒否されるのではないか、難しい話をされるのではないかといろいろと考えてしまうことでしょう。
しかし必ず相談した後に理解いただけると思いますが、銀行は返済条件変更(リスケ)の相談を拒否するようなことはしませんし、難しい話ばかりをするわけでもありません。
相談するのが早ければ早いほど銀行の対応は柔和なものになるでしょう。

延滞が始まる前に相談する

返済条件変更(リスケ)の相談は早ければ早いほど良いのですが、少なくとも延滞が始まる前に自ら銀行に相談することがポイントです。
延滞が始まり銀行から督促を受けてから相談するのとでは大きな違いがあります。
つまり延滞開始前に自ら銀行に相談することで銀行側に誠意を見せることができます。
誠意を見せてくれている融資先には銀行も可能な限り協力しようという姿勢を取ります。
このことは銀行取引に関わらず、私たちの普段の生活でも同じことだと思います。
返済条件変更(リスケ)の要請においては資料の提出を求められることになると思いますが、資料の準備に時間をかける前に、まずは銀行に出向いて現状を説明し返済が苦しいことを率直に伝えることが大切なのです。

銀行の敷居は高くない

銀行はただでさえ敷居が高いのに、返済条件変更(リスケ)の要請となればもっと敷居が高くなると考えている方もいらっしゃると思います。
しかし予想以上に銀行は返済条件変更(リスケ)の要請に柔軟に対応しています。
返済条件変更(リスケ)要請を受ける側の筆者が述べていることですから間違いはありません。
延滞開始前に自ら説明に行けば、なおさら銀行は柔軟に対応します。
「返済が苦しいと感じたら迷わずすぐに銀行に相談する」
これが返済条件変更(リスケ)要請の成否の9割を決めるポイントです。

関連コンテンツ

-銀行融資の基本, 資金繰り
-

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5