当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

融資審査マンの見方

ブラックリストにも関わらず融資を受けた社長の実例

会社の社長がブラックリストであるとその会社は銀行から融資を受けることは難しいのでしょうか?
社長がブラックリストのために融資が受けられない場合と、社長がブラックリストでも融資が受けられるケースがあります。
社長がブラックリストにも関わらず融資が受けられた実例について融資担当の銀行員が説明をします。

社長と会社は別であることが原則

社長は確かに会社において最重要な人物であることは事実です。
特に中小企業においては社長の経営方針や考え方が会社の経営に非常に大きな影響を与えます。

融資の世界では社長と会社は別人格

しかし会社宛の融資は会社が返済を行います。
社長は連帯保証人になるケースが多いですが、第一義的には会社宛の融資の返済は会社が行います。

会社に融資が可能かどうかは会社で判断

そのため銀行は会社に融資を行う場合、会社の業績を中心に審査をして融資の可否を判断しています。
社長がたくさんお金を持っているかとか、社長が多くの不動産を保有しているといったことは原則として会社の融資においては関係がありません。

会社の融資の判断においては基本的に社長は関係がない

中小企業特有の事情

このように原則として会社の融資は社長の信用力とは無関係です。
しかし中小企業にはある特有の事情があります。

中小企業の会社と社長が実質一体

上場企業などの大企業と比べて中小企業においてはある特有の事情があります。
その特有の事情とは会社と社長が実質一体だということです。
実際に中小企業の社長は会社のことを「俺の会社だ」と考えている社長が少なくありません。

会社と社長の資金のやり取り

そのため会社の資金繰りが苦しい場合には、よく社長の個人資金が会社に投入されることが良くあります。
また社長の資金繰りが苦しい場合には、会社の資金が社長に貸付られることも少なくありません。
このように中小企業においては会社と社長が実質的に一体だと考えられる傾向があります。

中小企業においては会社と社長が実質一体であることが少なくない

社長がブラックリストであるかどうか調べるのか?

このように中小企業においては会社と社長が実質一体であるという特有の事情があります。
そのため会社宛の融資の審査において社長がブラックリストであるかどうかを調べるのでしょうか?
会社と社長が実質一体であることから、社長がブラックリストであれば社長の資金繰りのために会社の資金が貸し付けられる懸念があります。
会社の資金が社長に貸し付けられたために会社が融資の返済に苦しむといった事態が想像されます。

原則として社長がブラックリストであるかどうかは調べない

原則として会社の融資審査において社長がブラックリストであるかどうかは調べません。
ここは冒頭でも説明をしましたように中小企業においても融資の世界では会社と社長は別人格であるという考え方から来ています。

原則として会社の融資の審査において社長がブラックリストであるかどうかは調べない

社長がブラックリストであるかどうかを調べる場合

原則として会社の融資の審査において社長がブラックリストであるかどうかは調べません。
しかし実は会社の融資の審査において社長がブラックリストであるかどうかを調べるケースがあります。
社長がブラックリストであるかどうかを調べるケースとしては大きく2つあります。

銀行が行うビジネスローン

銀行によって取り扱いが異なりますから必ずとは言えませんが、管理者の勤務する銀行ではビジネスローンを会社宛に検討する際には社長がブラックリストであるかどうかを調べています。
そして社長がブラックリストである場合には会社宛の融資は実行していません。

ビジネスローンでは会社宛の融資審査において社長がブラックリストであるかどうかを調べる

信用保証協会の利用が初めての場合

中小企業の会社向けに銀行が行う融資の多くは信用保証協会の保証制度を利用した融資となります。
信用保証協会の保証制度を利用した融資の審査は銀行と信用保証協会の双方が行います。

銀行は社長がブラックリストであるかどうかを調べない

信用保証協会の保証制度を利用した融資の場合、銀行は会社宛の融資の審査の過程で社長がブラックリストであるかどうかを調べることはありません。

信用保証協会を利用した融資の場合、銀行は社長がブラックリストであるかどうかを調べない

信用保証協会が調べる可能性が濃厚

信用保証協会が社長がブラックリストであるかどうかを調べるかどうかは公表されていませんが、管理者の融資実務経験からしますと信用保証協会の利用が初めての場合には社長がブラックリストであるかどうかを調べる確率が相当高いと感じています。
そして社長がブラックリストである場合には信用保証協会の審査は通りません。
信用保証協会の審査が通らなければ銀行の融資審査も通りません。

信用保証協会の利用が初めての場合には信用保証協会が社長がブラックリストであるかどうかを調べる

すでに信用保証協会を利用中の場合

なお現在すでに信用保証協会を利用中の場合には信用保証協会が社長がブラックリストであるかどうかを調べることは原則としてありません。
銀行も社長がブラックリストであるかどうかを調べることはありません。

銀行が社長がブラックリストのために影響を受けている

なお銀行が社長がブラックリストであるかどうかを調べない場合でも、社長がブラックリストであることを理由に銀行が会社の融資に応じないことがあります。

社長が延滞や貸倒の事故を起こしている

銀行が社長がブラックリストであることを理由に会社の融資を断るケースとしては、社長がブラックリストであるために銀行が被害を被っている場合です。
被害とは延滞とか貸倒です。
社長がブラックリストで銀行のローンを延滞している、あるいはローンが貸倒となった場合、銀行はその情報を永久的に保存しています。
銀行としては「社長にローンを踏み倒されたのに、その社長の会社に融資などできるものか」といった考えです。

ブラックリストの社長が銀行のローンを踏み倒している場合には会社の融資は断られる

社長がブラックリストでも会社が融資を受けられる事例

それでは社長がブラックリストでも会社が融資を受けられる事例とはどのようなエースがかといえば、今までの事例に当てはまらない場合です。
つまり次のようなケースでは社長がブラックリストでも会社が融資を受けられます。

社長がブラックリストでも会社が融資を受けられるケース

・銀行からビジネスローンでは融資を会社が受ける
・信用保証協会の利用が初めてではない

ブラックリストにも関わらず融資を受けた社長の実例のまとめ

以上、社長がブラックリストでも会社が融資を受けられる事例についてまとめますと次のようになります。

まとめ

・銀行からビジネスローンではない融資を受ける場合には社長がブラックリストであっても関係がない
・すでに信用保証協会を利用中の場合には社長がブラックリストであっても融資を受けることが可能

多くの事業者に利用されているビジネスローン

1.歴史が長い安心のビジネスローン
歴史が長いビジネスローンで多くの中小企業や個人事業主が利用している安心のビジネスローンです。

2.【GMOあおぞらネット銀行 あんしんワイド】
大手のGMOグループが運営するビジネスローンです。 カードローンタイプ型で必要な時に繰り返し利用が可能で、随時返済で利息が節約できます。

3.保証人不要の事業資金
保証人が不要でネットで完結できるビジネスローンです。

-融資審査マンの見方
-