融資審査マンの見方

銀行融資審査マニュアル9 財務分析と銀行融資審査

財務分析と銀行融資審査

財務分析は銀行融資審査においてもっとも時間をかけて行う項目であり、融資審査の中心となるものです。
財務分析を通して融資金の回収可能性をおおよそ判断するわけです。
財務分析は貸借対照表と損益計算書の分析が中心となります。
貸借対照表も損益計算書もともに融資先企業の過去の成績を示したものです。
一方で融資の回収可能性は将来の融資先の業績に左右されます。
したがって財務分析で将来の業績を予想することは適切ではないと思われがちですが、過去の成績を基にした財務分析によって、企業の収益の動向や資産・負債バランスなどの構成を知ることによって、ある程度将来の姿を予測することが出来ます。
また将来の姿を予想することは誰しもが困難なことですから、過去の実績を基にして判断せざるを得ないとも言えます。

銀行からの質問には正直に

銀行は財務分析を通して不明点や疑問点があれば企業に質問することになります。
その時、都合が悪い事柄について回答をあいまいにすることは逆効果です。
納得がある回答が得られなければ、銀行としては融資をしても良いのかどうか「腹落とし」が出来ないわけですから、消去法によって融資をしない判断に傾いてしまいます。
銀行からの質問に対しては正直に回答することが大切です。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-融資審査マンの見方
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.