銀行融資の基本

本当は黒字だけど赤字にした…

ある個人事業主からの説明

個人事業主の方から事業資金の融資相談を受けて、よく感じることは確定申告書が赤字決算であることが多いことです。
そして本当は赤字ではないにも関わらず、節税対策?などの思惑で赤字決算にされているケースが多いように感じています。
お客さんに赤字の原因をお伺いすると「税金を払うのがもったいないから」という答えが半数以上に上ります。
しかしこれは事業資金の融資や個人の住宅ローンなどのローンを利用する時には足を引っ張ることになります。
最近ある個人事業主の方から運転資金の融資相談を受け、信用保証協会宛の保証審査の申込を行いましたが、結果はゼロ回答。
理由はいろいろとあるのですが、決定的なのはここ数年赤字決算であることです。

赤字であれば赤字だと考える

銀行や信用保証協会にとって確定申告書はそこに示された数字が真の姿と受け止めて融資審査を行っています。
「税金対策で赤字にしている」という理由は通用しません。
確定申告書の数字が客観的で事実を示しているものとして審査を行っています。
「そういうことでしか審査が出来ない」という言い方が正しいのかもしれません。
銀行融資やローンを将来考えていらっしゃる場合には、「わざと赤字にする」というのは避けられた方がよろしいかと思います。

関連コンテンツ

-銀行融資の基本
-,