銀行融資の基本

連帯保証人分の差押

質問

政策公庫から差押の連絡がきます。
保証人になった人間が自己破産したためにです。
私自身は小さなマンションを所有しておりますが家賃収入とアルバイトで生活しております。
銀行には自業者ローンが7000万位残債が有ります。
1度も延滞しておりません。
住民税、固定資産税も何とか納税しております。
これからどういう流れになって行くのか不安でなりません。

回答

まずご質問の確認ですが、貴殿がどなたか(仮にAさんとします)の借入に対する連帯保証人となり、今般Aさんが自己破産したために、連帯保証人である貴殿に返済の義務が発生しているということでしょうか?
以下、上記が事実関係であることを前提にお答えします。
政策公庫がいきなり差押をしてくるとは思いませんので、すでに何回か政策公庫から返済請求を受け交渉を重ねていらっしゃるのでしょうか?
このままでは政策公庫からの差押を現実に受けて、あとは不動産資産などの競売等を受けてしまうことになります。
そうなれば、貴殿自身のローンも一括返済を受けることになってしまいます。
そうならないように、現状でのベターな方法は政策公庫と今一度交渉の場を持ち、今後の返済面について何とか妥協点を図られることです。

関連コンテンツ

-銀行融資の基本
-

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5