銀行融資の基本

銀行の内部組織を理解しよう

どんな会社、個人事業主においても資金繰りのことを一切心配しないで済むことはまずないでしょう。
手元資金量の大小に関わりなく、経営者としては常に資金繰りのことが気になるはずです。
資金繰りは一つ間違えるとその時点で破綻、つまり倒産してしまうやっかいなものです。
ですから経営者としては常に頭の中に入れておかないと落ち着かないものです。
資金繰りを自力で維持できればそれに越したことはないですが、なかなか自力だけで安心出来るような水準に持っていくことは困難でしょう。
資金繰りを自力以外の第三者で手を差し伸べてくれる存在と言えば、やはり銀行だと思います。
昔、「銀行とは喧嘩をしたくない」と言われていた中小企業の経営者がいらっしゃいました。
みなさんも同じような気持ちではないでしょうか。
好き嫌いはあると思いますが銀行とはうまくつきあった方がベターです。
今回はそんな銀行の内部組織のお話です。

銀行の支店の内部組織

銀行の支店を考えてください。
すでにご存じの方も多いとは思いますが下の図は銀行の支店のよくある組織図の一例です。
銀行支店組織図
支店長をトップとして融資課、営業課、ロビー課の大きく3つのグループがあります。
融資課というのは融資、つまり与信管理や融資に関わる事務を担当しているグループです。
営業課というのは融資の営業を含めて様々な銀行の営業を行うグループです。
最後のロビー課というのは銀行の窓口をイメージしてください。
各取引先のところに足を運んでいるのは営業課の人員です。
取引先と銀行を結ぶ接点の役目を営業課の人員、つまり担当者が担っています。

融資稟議書はこのように回付される

さて銀行に融資を申し込んだ場合、当然ながら銀行内では融資審査を行うわけですが稟議書という書面の回付を含めておおむね次のような手順で審査が進んでいきます。
融資稟議の回付
最初に担当者において稟議書を作成し、それをまずは直属の上司である営業課長に回付をします。
営業課長のところで回付された稟議書を担当者のところに差し戻すこともありますが、営業課長も担当者と同様、数字を背負っている役目がありますからあまり難しいことは言わずに次の融資課長に稟議書が回付されます。
この融資課長のところが担当者にとっては最初の関門です。
融資課長は与信管理がその主たる役割ですから、「貸しても大丈夫なのか」「返せるのか」といった融資審査の根底のところをじっくりと審査します。
融資課長のところをすんなりと稟議書が通過することは稀で、ほとんど場合はいろいろな指示や疑問などの提起がされて担当者のところに稟議書を差し戻します。
差し戻しを受けた担当者では融資課長の指示などを解決すべく、場合によってはお客さんと追加の交渉を行って稟議書を修正し、改めて回付を行います。
やっとの思いで融資課長をパスした稟議書は副支店長、支店長に回付がされます。
副支店長や支店長のところでも融資課長のところと同様に指示や疑問が提起されることもあり、支店長のところで差し戻しがされ再び修正したうえで稟議書を一から回付することもよくあることです。
このように融資の稟議はいろいろな関所を通過してめでたく決裁されるわけです。

支店長は権限が集約し絶対的存在

このように支店における支店長の存在は絶対的なものでありとにかく支店長の決裁をもらわないと融資をはじめとして何もスタートしません。
逆の言い方をしますと支店長が了解さえすれば物事は驚くほどスピーディーに進んでいきます。

ココがポイント

中小企業や個人事業主の方は日頃は担当者との接点が中心だと思いますが、支店長や副支店長、課長の人たちとも接点を持っておくと物事は進みやすくなるのは事実です。
担当者から紹介を受けることもあると思いますが「一度支店長に挨拶をしたい」などと言って、支店長など管理職の人と接点を持っておくことが銀行との上手なつきあい方と言えます。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.