銀行融資の基本 融資審査マンの見方 銀行の本音 中小企業社長との面談日誌

赤字決算先からの電話での融資相談

赤字決算であると肝心の資金繰りに必ずマイナスの影響が出てきます。
そのため赤字決算だからこそ銀行からの融資が必要だとも言えます。
赤字決算の場合の銀行への賢い融資相談方法をご案内します。

赤字決算先からの連絡

3か月ほどまえに数千万円の融資を行った中小企業の社長から、先日再び融資の相談を電話で受けました。
前期の決算は大幅な赤字決算で債務超過が拡大している状態です。
社長:「いろいろと前向きな話が出てきている。そのために資金が必要です。融資をお願いします。なるべく早い方がいいです」
銀行:「前期は赤字決算ですが、現状はどうですか?」
社長:「正確にはわからないけれどたぶんあまり変わらず赤字だと思う。ただお客さんからいろいろと良い話が出てきているからいけると思うよ」
銀行:「そうですか。ただ3ヶ月前にご融資をしたばかりです。簡単ではないと思います。まずは最近の試算表と今後の受注予定を詳しく教えていただけますか?」
社長:「準備するけれど時間がかかると思うよ。何とか早く融資してもらえないかな。せっかく前向きな話が来ているからさ」

赤字決算に対する銀行の考え方

銀行員の思考
この図は赤字決算の取引先に対する銀行員の思考を簡単に示したものです。
たしかに冒頭でも説明したように赤字決算は間違いなく資金繰りに悪影響を及ぼします。
そのため赤字決算だからこそ融資が必要だと言えます。
しかし銀行は融資を行うにあたってはその融資が全額回収できることを大前提にしています。
もし融資が全額回収できない事態となれば、回収できない融資は銀行の損失となります。
銀行も営利企業ですから損失は絶対に避けなければなりません。

赤字決算→融資が返済できない

赤字決算ということは融資を返済する原資がないということです。
赤字決算というのは現金ベースにて考えてみると、入ってきた現金よりも出ていった現金の方が多かったということです。
融資の返済原資は入ってきた現金から出ていった現金の余りとなりますが、これがマイナスであれば融資の返済原資はありません。
銀行からすれば赤字決算の取引先に対する融資は融資が焦げ付く可能性が大きいということです。
とてもではないですが、簡単に赤字決算の取引先に対する融資に慎重な姿勢になるのはこのためです。

赤字決算の場合の銀行への融資相談方法

赤字決算に対して銀行が抱く最大の関心事は今後の業績回復見込みです。
言い方を変えると足元は赤字決算ではあるものの、今後の業績回復の見込みが高いのであれば赤字決算であっても銀行は融資が可能となるのです。
今後の業績が回復するのであればさきほどの融資の返済原資が確保されると考えることができるからです。

電話一本では決まらない

そのため赤字決算で銀行から融資を受けるのは今後の業績の見込みを丁寧に銀行に説明し理解を受けることが絶対に必要です。
今回の社長さんのように電話一本で融資の話がつくようなことはあり得ません。
むしろ電話一本で融資を執拗に依頼してくる社長とは付き合いたくないというのが銀行の本音です。

今後の業績回復見込み

社長からの融資要請に対して銀行員は「試算表と受注明細」の説明を要求しました。
試算表は前期の赤字決算以降の足元の業績を確認するためです。
そして受注明細は今後の業績回復見込みを検証するためです。
電話で「前向きは話が来ている」だけでは到底、銀行の理解を得ることは出来ません。
前向きな話が来ているのであれば、それは具体的にどうような案件なのかの詳しい説明を求めたいところです。
そのうえで今後の業績回復見込みの可能性が高低を銀行が検証することになります。

赤字決算先に対する融資は少なくない

赤字決算であっても今後の業績見込みがわかれば銀行が融資に応じることはあります。
実際に赤字決算の先に対して銀行は融資により資金繰り支援する事例は本当に少なくないのです。
丁寧に銀行に今後の見込みを説明することで赤字決算であっても融資支援が受けられる可能性が出て来るのです。
電話一本ではだめです。


おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-銀行融資の基本, 融資審査マンの見方, 銀行の本音, 中小企業社長との面談日誌
-