銀行融資の基本

源泉徴収税の未納

源泉税と消費税の未納

運転資金の申込のあった会社の決算書をながめていたら、長期にわたり、社員の源泉税が支払われていないことがわかった。
会社に問い合わせたところ、やはり1年以上滞納しているとのこと。
源泉税の他に消費税についても少し未納あり。
税金や社会保険料関係の未納がある場合、原則として銀行の融資は望めません。
税金滞納
税金を滞納しているということは資金繰りが厳しいということの表われです。
少なくとも銀行員はそのように考えます。
資金繰りが厳しいということは融資の返済も厳しいということと同一です。
銀行にとって融資は必ず返済してもらわなければなりません。
その返済が危ないということでは銀行としても融資をすることは出来ません。
かろうじて公的な保証機関である信用保証協会の保証が得られるのであれば検討が可能かどうかというところです。

分納手続きは最低限必要

しかしその場合でも税金や社会保険料の未納がある場合は、その未納のままの状態では信用保証協会保証付であろうと融資は難しいです。
こういった場合は、税務署なり社会保険事務所で分割納付の承認をとってください。
そして最低でも半年程度の納付実績が必要です。
きちんと納付がなされていて、今後の資金繰りの見通しがついてはじめて信用保証協会の保証取得の可能性が出てきます。

-銀行融資の基本
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.