銀行融資の基本

銀行融資の基礎 融資利率の決まり方

融資利率の目線の決定要因

中小企業向けに銀行が融資を行う際、融資金利は何によって決まっているのでしょうか?
一部の例外を除いては銀行が取引先の中小企業毎に行う信用格付の水準によって決まります。
信用格付とは要するに会社の財務内容をはじめ、銀行が融資先の会社の実力をランク付けしているものです。
この信用格付が高い(良い)ということは銀行にとって貸倒リスクが低いということですから、会社向けの融資金利は低くなります。
逆に信用格付が低い(悪い)ということは銀行にとって貸倒リスクが高いということですから、会社向けの融資金利は高くなります。
したがって銀行融資の金利を低くするには、信用格付を高くする、つまりは会社の財務内容をよくすることが一番の近道なのです。
もっとも信用格付にのみで最終的に適用される融資利率が決まるわけではありません。
信用格付による融資利率は一定の目線の水準です。
ここからその融資先との取引状況や他の金融機関との競合等の要因を勘案して最終的に適用される融資利率が決まっています。

信用保証協会保証付融資の利率

なお信用保証協会保証付融資は銀行のプロパー融資に比べて金利は低くなります。
これは信用保証協会が銀行に保証をすることで、万が一融資先の会社が融資を返済できなくなった場合は、信用保証協会が銀行に代位弁済をしてくれますから、それだけ銀行の貸倒リスクは低くなるからです。
さらに信用保証協会保証付融資の中には、各地公体の制度融資が含まれます。
制度融資は中小企業支援が狙いですから、金利も低利の固定金利など政策的な配慮がなされています。
中小企業の資金調達には必ず使いたい融資形態の1つです。

-銀行融資の基本
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.