銀行融資の基本

信用保証協会を理解しよう

信用保証協会は中小企業・個人事業主の味方 資金繰りを維持するうえで時と場合によっては銀行などの金融機関から借入をしないといけない場面も出てきます。 では銀行に足を運んで借入の相談をしてみても、すんなり ...

社長を退任したので連帯保証人から外れたい

中小企業を経営して銀行から融資を受ける際には、大半の場合に経営者つまり社長は連帯保証人に就任することが求められます。 社長になっている間は連帯保証人としての責任もやむを得ないと考える方が多いと思います ...

どんな目的の融資を受けられるの?

銀行や信用金庫などの金融機関からはどのような内容であれば融資が受けられるのか、どんな内容の資金でも融資が相談できるのか、その素朴な疑問にお答えします。 銀行融資の対象は事業に関係するもの 銀行からはど ...

損益計算書

足元の業況確認資料が必要

 

銀行融資の審査資料で大きなウエイトを占めるのは決算書です。 銀行員は決算書を分析することによって融資先の返済能力など審査の中心部分となるところを行っています。 したがって会社が設立された直後などまだ決 ...

融資希望額を明確にしましょう

銀行の融資現場にいると時々「いくらまで貸してくれますか?」「借りられるだけ借りたいのですが」といった相談は昔から時々あります。 このように融資の希望金額があいまいな相談は銀行員の悩みです。 銀行員の融 ...

初めての融資申し込み書類3点セット

銀行に初めて融資の申し込みに行く時には、よく言われる事業計画書をはじめいろいろな書類を準備が必要だと情報がありますが、銀行融資の現場にいる私からすると初めからそのような様々な書類の提出と説明を受けても ...

運転資金の復元とは

以前に銀行から運転資金を借入し、数年が経過してまだ借入残高が残っているものの、追加で運転資金の融資を受けたいが以前の借入が終わらないと難しいのかどうかというご質問を時々いただきます。 今回のそのような ...

自治体によるあっせん融資について

各地域の地方公共団体では地元の中小企業や個人事業主の方が有利な条件、つまり低利率で銀行から融資が受けられるように各種のあっせん融資制度が整備されています。 各自治体によって制度は異なりますが、共通して ...

どの銀行に融資を相談すべきか

銀行などの金融機関に融資の相談をされたい場合に、どの銀行に相談したらよいのか悩むことはないでしょうか? 銀行だからどこでも良いと言えばその通りなのですが、相談する銀行をどちらにするかによって融資の成否 ...

どうして融資が必要なのか、使途を明確にしましょう

「お金が必要で融資を受けたいのですが…」「どういったお使い道ですか」「えっと、いろいろ入用で」。 時々、銀行に融資の相談に来られた方とよくあるやり取りなのですが、結論から申し上げてこのやり取りでは融資 ...

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5