銀行融資の基本

当初の銀行融資の金額まで再び融資を受けることができるのでしょうか?

銀行からの事業資金融資の返済が進んだ場合、再び同じ金額まで銀行から融資が受けられるかどうかというテーマです。

質問

会社を経営しています。
1年前に銀行から運転資金として5,000万円の融資を受けました。
借入期間は5年で現在はそれからちょうど2年半が経ち、融資の残高は現在2,500万円になりました。
残高が減ってくればもう一度5,000万円まで融資を受けることができると聞いたのですがどうでしょうか?
今の融資を最後まで完済してからでないと新たな融資を相談することは難しいのでしょうか?

融資の復元・折り返し

銀行から融資を受けて返済が進んできた場合、その途中で再び元の金額まで融資を受けることはしばしばあります。
これを融資用語では復元とか折り返しなどと呼んでいます。
運転資金の復元
この図は融資の復元・折り返しを示したものです。
当初、5,000万円で期間5年で融資を受け、毎月の元金均等返済の場合、5年間の半分、つまり2年半が経過すると融資残高はちょうど2,500万円となります。
2年半の時点で再び5,000万円の融資を受けて、同時に現在の2,500万円の融資を繰上返済すれば今まで返済が進んだ金額、つまり2,500万円の融資が再び受けられたこととなります。
この図のように返済の途中で元の金額まで融資を戻すことを復元とか折り返しと呼んでいるのです。
このような復元とか折り返し融資は銀行の融資現場ではよくあることです。
お客さんからの申し出で対応することもありますし、融資残高を維持したい銀行からの提案で行うこともあります。

運転資金に限定

ところで銀行の融資は大きく運転資金と設備資金に大別することが出来ますが、融資の復元とか折り返しの対象は運転資金限定です。
設備資金には融資の復元とか折り返しはありません。

必ず受けられるとは限らない

もっとも融資の復元とか折り返しは返済が進んで残高が減ってきたら必ず受けられるとは限りません。
融資の復元とか折り返しは銀行からすると新たな融資を行うこととなります。
上の例では最初の融資から2年半が経過した時点で、実質的には新たに2,500万円の融資を行うこととなります。
銀行ですから融資の際には必ず審査があります。
最初の融資実行の時点から2年半が経過した時点では融資先の業績も変化していることでしょう。
業績が最初の融資実行の時点からほぼ横ばいとか、業績が伸展している場合には銀行としても融資の復元とか折り返しは対応しやすいと言えます。
これに対して現在の業績が悪化している場合には復元とか折り返しはやりづらいというのが銀行の考え方です。
業績如何によっては復元とか折り返しを銀行が対応しないということもありますし、対応はするものの当初の5,000万円までではなく3,000万円までといった減額の対応もあります。
あくまでも現時点での銀行の審査次第だということです。

関連コンテンツ

-銀行融資の基本