融資審査マンの見方 資金繰り

不渡手形発生時に銀行から融資はしてもらえますか?

売上代金として受け取った受取手形が不渡手形になってしまうということは、その売上代金が入ってこないということです。
当然、資金繰りに悪影響を及ぼします。
不渡手形が発生した時に銀行から融資が受けられる条件をご案内します。

不渡手形発生時の銀行からの融資に関する質問

中小企業を経営しています。
主要な販売先がこの度倒産してしまい、その販売先から受け取っていた手形が不渡手形になってしまいました。
このままであると資金繰りが持たなくなり、連鎖倒産してしまいそうです。
手元の資金に余裕はありません。
このような時に銀行から融資を受けることは可能でしょうか?

不渡手形発生時に銀行から融資を受ける方法

売上代金というのは仕入の支払や従業員への給与の支払などで必要不可欠な資金のはずです。
売上代金である手形が不渡手形になってしまうということは、必要不可欠な資金である売上代金が手元に入ってこないということです。
手元の資金に余裕があれば、不渡手形で穴があいた資金繰りを手元資金に埋め合わせることもできますが、手元資金に余裕がなければ資金繰りがショートし、まさに連鎖倒産の危機に直面します。
このような危機には銀行から融資を受けた資金繰りを安定させたいところです。
不渡手形発生という非常時に銀行から融資を受けるには次の2つが大きなポイントとなります。

・銀行からの融資により資金繰りが当面安定するのかどうか
・不渡手形発生という損失に伴い、業績がどうなるのか

融資により資金繰りが当面安定するかどうか

融資をする銀行としては不渡手形発生という非常に対応し融資により資金繰りがその後安定するのかどうかをとても気にしています。
融資により資金繰りを支援したものの、ものの数ヶ月しか資金繰りが持たないということであれば銀行としても安易に融資支援をすることは難しくなります。
融資したものの、その後数ヶ月程度で資金繰りが持たないということであれば、それだけ融資の貸倒の危険が増加するだけだからです。
そのため不渡手形発生に伴い銀行からの融資により資金繰りの支援を受けようとする場合には、当面の資金繰りの見込みを銀行に必ず説明をしてください。
当面というのは1年間と考えてください。
そして銀行からの融資により当面の資金繰りが安定するのかどうか、この点を銀行に具体的に説明をしてください。
融資により当面の資金繰りが安定するということであれば、不渡手形発生に伴う資金繰りを穴を埋めるべく銀行から融資が受けられる可能性が高まります。

不渡手形が業績に及ぼす影響を説明する

不渡手形が発生したということはそれだけ損失が発生したということです。
この不渡手形発生に伴う業績への影響を銀行は注視をしています。
不渡手形発生に伴い赤字に転落してしまうことはやむを得ないことかもしれません。
銀行も不渡手形発生に伴い赤字に転落してしまうことはやむを得ないと考えています。
問題は、

・不渡手形発生するということは販売先を失うことであり、そのために今後恒常的に赤字決算にならないか
・不渡手形発生に伴う赤字により債務超過に転落をしないか


の2点です。
不渡手形発生に伴う赤字が一過性のものではなく、今後恒常的な赤字になってしまうというケースでは銀行からの融資支援は難しくなります。
また不渡手形発生に伴う赤字計上により債務超過に転落してしまうということであるとやはり銀行からの融資支援は難しくなります。

不渡手形発生時に銀行から融資を受けられる条件 まとめ

以上、不渡手形発生時に銀行から融資が受けられる条件をまとめますと次のようになります。

まとめ

・銀行からの融資により当面、つまり向こう1年間は資金繰りが維持できること
・不渡手形発生による赤字決算が一過性のものであり、恒常的な赤字体質にはならないこと
・不渡手形発生による赤字決算により債務超過にならないこと

おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-融資審査マンの見方, 資金繰り
-