資金繰り

ビジネスローンのメリットとデメリット

運転資金や設備資金の調達方法としてもっとも代表的なものは銀行の融資です。
銀行からの融資以外で事業資金の調達方法として普及しているのはビジネスローンです。
ビジネスローンのメリットとデメリットについて説明をします。

ビジネスローンとは

まずビジネスローンとは何かについて簡単に説明をします。

ビジネスローンも融資

ビジネスローンは融資とは異なるものを考えている人もいらっしゃるかもしれませんが、ビジネスローンは銀行の融資とまったく同じ性格の融資そのものです。
銀行の融資とは異なる特別な融資でもなくビジネスローンはごく普通の融資です。
銀行の融資とビジネスローンは融資であるという点で何ら違いはありません。
ビジネスローンという名前がついた融資だと考えてください。

銀行の融資もビジネスローンもごく普通の融資であり同じ

ビジネスローンは信販会社や金融会社が取り扱いをしている

銀行の一部でもビジネスローンという名前の融資の取扱いがありますが、中心は信販会社や金融会社が多く取り扱いをしています。
〇〇ファイナンスという会社がビジネスローンを取り扱っているところが多いです。
大手銀行の資本系例である〇〇ファイナンスなどという信販会社や金融会社も多くビジネスローンの取り扱いをしています。

ビジネスローンは審査が簡易

ビジネスローンの最大の特徴は審査が簡易であるということでしょう。
銀行から融資を受けるには審査に通る必要がありますが、ご承知のとおり銀行の融資審査は細かくかつ審査のハードルが高いものとなっています。
これに対してビジネスローンの場合には審査が簡易でかつ銀行の審査ハードルに比べるとはるかに低いものとなっています。

ビジネスローンの審査は簡易でかつ銀行に比べると審査ハードルは低い

ビジネスローンのメリット

ではビジネスローンのメリットで代表的なものを説明します。

審査ハードルが低い

さきほども触れましたがビジネスローンの審査ハードルは銀行融資の審査ハードルに比べると相当低いものとなっています。
銀行では融資の審査に通らなかったが、ビジネスローンの審査には通ったという事例はたくさんあります。

ビジネスローンのメリットその1:審査ハードルが銀行に比べると低い

審査時間が短い

ビジネスローンのメリットの2つ目として審査時間が短いということがあります。
銀行の審査時間は最短でも2週間ほどを要します。
これに比べるとビジネスローンの審査時間は当日中というのは極端だとしても数日から1週間程度です。
申し込みの翌日に審査結果が出ることはごく普通のこととなっています。
すぐに資金が必要な時にはビジネスローンは非常に重宝するものとなっています。

ビジネスローンのメリットその2:審査時間が短い

必要書類が少ない

銀行の融資審査の場合にはいろいろな資料の提出を求められるのが一般的となっています。
これに対してビジネスローンの場合には資料の提出が不要ということではありませんが、銀行に比べると求められる資料が少なくなっています。
資料を準備するにも意外に時間がかかりますから、求められる資料の数が少なくということはこれだけでも時間的に多いに節約となるはずです。

ビジネスローンのメリットその3:資料の提出が少ない

ビジネスローンのデメリット

ではビジネスローンのデメリットです。
ビジネスローンのデメリットとして最大のものは金利が高いということです。
金利が二ケタとなることもあります。
銀行の融資金利に比べるとイメージとしては5倍から10倍くらいというのがビジネスローンで多い金利水準です。

ビジネスローンのデメリット:金利が高い


金利以外にビジネスローンのデメリットは端的に言ってありません。
したがってビジネスローンを利用する際にはなるべく短期融資とするか、繰り上げ返済を行うことで金利を節約することができます。

ビジネスローンのメリットとデメリットのまとめ

以上、ビジネスローンのメリットとデメリットをまとめますと次のようになります。

まとめ

・ビジネスローンは銀行の融資とまったく同じもので特別なものではない
・ビジネスローンのメリットとしては①審査ハードルが銀行に比べると低い ②審査時間が短い ③必要となる資料が少ない
・ビジネスローンのデメリットとしては金利が高いこと

おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-資金繰り
-