銀行のプロパー融資と信用保証協会の保証余力

ホーム銀行融資の審査に関すること>銀行のプロパー融資と信用保証協会の保証余力

プロパー融資、つまり信用保証協会の保証を利用しない銀行融資のことをプロパー融資と呼んでいます。
銀行としては信用保証協会の保証があれば、事実上貸倒リスクはゼロとなりますが、プロパー融資の貸倒リスクは全額となります。
そのためプロパー融資を銀行は簡単には行わず、厳しい審査を行った上でその融資可否を判断しています。





そのプロパー融資の可否判断において信用保証協会の保証余力は大きな判断材料となっています。
つまり信用保証協会の保証余力があれば、融資先はその保証余力を使って銀行から更なる資金調達が可能ということになります。
したがってプロパー融資実行後に融資先の資金繰りが悪化しても、信用保証協会の保証付融資によって融資先の資金繰りは維持出来る可能性があります。
資金繰りが維持出来るということはプロパー融資の返済が続けられることにつながります。
このような点において銀行のプロパー融資の判断材料において、信用保証協会の保証余力は大きな材料の1つなのです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達