赤字決算の時はつなぎ資金融資を申し込んでみる

ホーム赤字決算・債務超過のとき>赤字決算の時はつなぎ資金融資を申し込んでみる

前期決算が赤字あるいは今期の決算が赤字見込みの場合、銀行の融資姿勢は現実問題として非常に厳しいものとなります。
苦しい時こそ融資をするのが銀行の役目という思いもあろうかと思いますが、銀行の融資判断の根本は「貸した金が返ってくるかどうか」という点です。
この点において赤字決算あるいは赤字決算見込みというのは融資が返ってこない可能性が高いと客観的に考えられますから、銀行の融資姿勢は厳しくなってしまうのです。

しかし赤字決算だからこそ資金が必要だとも言えます。
そして資金繰りを維持することは会社を存続させるうえでもっとも重要な事柄ですから、銀行融資が受けられないからといって、あきらめるわけにも行きません。
こういった状態で融資を相談する際には、何はさておき日頃からつきあいの深い主力銀行に融資を相談しましょう。
主力銀行だからといって間違いなく融資に応じてくれるというわけではありませんが、他の取引銀行と比べたら融資が受けられる可能性はもっとも高いです。
そして今後の資金繰りの予定をしっかりと把握したうえで、「この売上が入金になれば資金繰りのひっ迫は一服する」といった融資の返済目途がつく時期を明確にして銀行に相談しましょう。
(逆に言い方をしますと資金繰り改善の目途が自力の状態でつかないと、いつまでまっても融資が必要ということになってしまい、銀行融資を受けられる可能性は担保とかない限り非常に難しくなります)
この返済目途がつくまでも間、銀行融資にて資金繰りを維持したいということを伝えるのです。
銀行融資用語ではこれをつなぎ資金融資と呼んでいます。
銀行としてもここまでのつなぎであれば融資に応じやすくなるのです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。