債務超過の看板工事業者から運転資金相談

ホーム銀行融資申込事例集>債務超過の看板工事業者から運転資金相談

年商が2億円程度の看板工事業者からの運転資金相談の事例です。
小規模ながらも初代のオーナー社長がこの会社を設立して15年ほどが経過しています。
業績は黒字の時もあれば赤字の時もあり、行ったり来たりの状況です。
残念ながら直近の決算書では債務超過の状態に陥っています。

債務超過というのは資産よりも負債の方が多い状態ですから、返済能力の観点からいうと相当まずい状態だと言えます。
したがって銀行としても債務超過先への融資は担保取得など保全を重視したスタンスになります。
しかし今回の会社は会社としては担保となるような資産はなく、社長の自宅は個人所有ですがまだまだ住宅ローンが残っており、担保価値はない状態です。
ただここのところ受注が回復してきており、そのため資金繰りがきつくなっているため運転資金融資の相談に至っている経緯がありました。





取引歴も長い取引先であることもあり、かつ受注が増えているということは業績面では前向きな要因ですから、その増えているという受注の明細を一覧にして提出するように当社に依頼をしました。
数日後、社長の手書きで今ある受注の工事の明細、つまり受注金額や発注先、工期の期間と代金の回収時期が明記されている資料の提出を受けました。

この資料の提出が今回の融資決定のポイントです。
さきほども案内しましたが債務超過先への融資は担保などの保全が確保されない限り、原則回避というのが銀行融資の基本姿勢です。
取引歴など考慮すべき要因も確かに存在しますが、やはり融資の基本に立ち戻ればきちんと返済出来るかどうかです。
今回、提出を受けた受注一覧から工事が完工となれば当社は代金を受け取ることができ、その時期に融資の返済期日を合わせることで融資回収の確実性が高まります。

工事代金回収のまでの融資を銀行ではつなぎ資金と呼んでいますが、この形式の融資は融資先の業績如何に関わらず、比較的検討がしやすいものです。
今回の受注一覧のような資料の提出は必要とはなりますが、逆にきちんとした資料を提出すれば銀行は前向きに融資を検討がするものですから参考にしてください。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%