運転資金の申込ポイント 経常運転資金の申込ポイント

ホーム運転資金に関すること>運転資金の申込ポイント 経常運転資金の申込ポイント

中小企業や自営業者向けの銀行融資の大半は運転資金です。
運転資金はその性格上、事業を継続している限り必要な資金であり、そのため銀行融資は常時必要な場合がほとんどです。
したがって融資する側の銀行からすれば、融資が固定化する、つまりなかなか返済してもらえない側面があるため融資審査は慎重に行われています。
この「銀行融資申込みのポイント 運転資金編」では銀行融資審査の視点を知っていただくことで銀行融資が受けやすくなることを主題にしています。

経常運転資金とは
経常運転資金とは事業の経営を維持するために常時必要となる資金のことをいいます。
ではこの経常運転資金の金額は自社では一体いくらほどなのかは次の算式によって求めることができます。

経常運転資金(所要運転資金)
=平均月商×(売上債権回転期間+棚卸資産回転期間-仕入債務回転期間)





経常運転資金に対する銀行の融資審査スタンス
経常運転資金に対する銀行融資の審査は現在の運転資金借入額が経常運転資金の範囲内なのか、あるいは経常運転資金を上回っているのかによってスタンスが大きく異なってきます。

現在の運転資金借入額<経常運転資金額の場合
まず現在の運転資金借入が経常運転資金の範囲内にある場合は一応「健全」な借入申込みだと判断します。
経常運転資金全額の運転資金借入があってもおかしくないのですが、それ以下の運転資金借入しか行っていないということは不足分はいままで自己資金によって賄っていたことを意味します。
経常運転資金の金額は一種の運転資金借入限度額とも考えることが出来ます。
現在の運転資金借入がこの運転資金借入限度額以下であれば、限度額までは比較的簡単に銀行融資審査は行われます。

ただこの場合でも銀行融資の申込みにあたってはなぜ必要なのかの説明は必要です。
いままで自己資金によって賄っていたものをどうして銀行借入にシフトする必要があるのかということです。
例えば自己資金によって設備を購入するので、今まで運転資金に回していたものが回せなくなったからなどです。

現在の運転資金借入額>経常運転資金額の場合
一方で現在の運転資金借入額が経常運転資金を超過している場合には銀行融資の審査は慎重に行われます。
現在の運転資金借入額が経常運転資金額を上回っているということは、その上回っている部分は運転資金以外の使途に使われていることになります。
よくある例が設備資金に使われていたり、赤字補填に使われている場合です。
銀行融資の審査では実態として何に使用する資金なのかを慎重に検証することになります。
このような場合にはあらかじめ試算表や資金繰り表を準備して、銀行に対して銀行融資を受ける必要があることを十分に説明することが大切です。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%