銀行融資を延滞するとすぐに不動産は処分されますか?


ホーム銀行融資の担保・保証人に関すること>銀行融資を延滞するとすぐに不動産は処分されますか?

不動産担保は銀行融資の最後の回収手段

不動産担保でもって銀行融資を受けているケースは多いと思います。
不動産「担保」ですから、銀行融資が万一返済不能となった場合、銀行は不動産を競売等にて換金し、融資の回収に充てることになります。

どれくらいの期間で不動産担保の競売が開始されるか

では銀行融資を延滞してどれくらいの期間で不動産を処分されるかどうかですが、これはケースバイケースです。
一定のルールがあるわけではありません。

ただ1つ言えることは不動産の処分は銀行にとっても最後の回収手段だということです。
銀行融資の返済は基本的には融資先の事業でもって返済されることを期待しています。
銀行融資を延滞したからといって、まだ事業を継続していく道があるのであれば、原則として不動産の処分は回避し、事業の存続を優先し融資の返済を受けることになります。

銀行融資を延滞し、そのまま放置すれば銀行としても不動産処分による回収を検討せざるを得なくなります。
銀行と話し合い、場合によっては返済条件の見直し(リスケ)を行うことにより資金繰りが回転し事業存続が可能だということに対する銀行の理解が得られれば、不動産担保の処分を回避することが出来ます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト