保証協会の債務譲渡について


2013年07月22日

ホーム信用保証協会保証付融資の代位弁済>保証協会の債務譲渡について

質問
私は、保証協会付の債務約5000万円と銀行プロパー融資債務が2500万円有る状況で返済不能に陥り、かれこれ5年経ちます。
プロパー融資については、交渉の結果一括支払いを条件に大幅減額をしてもらい解決しました。
保証協会については、現在月々5万円をサービサー経由にて返済しております。
しかし毎月5万円程度では利息などを考えなくても完済まで80年はかかる計算で資産も全く無くこの先支払いを続けるのは難しくなることが予想されます。
保証協会の債権は通常サービサーに回収業務を委託されるだけで、プロパー融資の様にサービサーに譲渡される事は無いと聞いておりましたが、貴殿のホームページの質問(ginkobank.com/archives/7734 ホーム→信用保証協会保証付融資Q&A→父の保証協会に対する債務が無くなれば信用保証協会の保証がつけられますか)の中に、「債務が保証協会からサービサーに移りました」とあるのですが、保証協会は、債権をサービサーに譲渡することが実際にあるのでしょうか?

回答
結論から申し上げて信用保証協会が債権譲渡をしたという話は聞いたことがありません。
実際上も債権譲渡はしないと思います。
信用保証協会のサービサーはご存じと思いますが「保証協会債権回収株式会社」です。
あくまでも債権者は信用保証協会のままで、債権の回収や管理業務をこのサービサーが行っています。
ご指摘いただいた当方の記事に確かに譲渡された旨の質問が掲載されていますが、この場合もあくまでも
回収の窓口がサービサーになっただけで、債権者そのものは信用保証協会のままのはずです。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%