銀行融資の借入希望額は明確に伝えましょう

ホーム銀行融資の交渉>銀行融資の借入希望額は明確に伝えましょう

銀行融資の申込みにおいて、時々「借りられるだけ借りたい」「いくらでもいいので借りたい」などと希望金額が不明確な申し込みを受けることがあります。
実はこの種の銀行融資の申し込みは銀行員を悩ませます。
またこの種の銀行融資の申し込みは銀行員に否定的な印象を与えます。
これは私たち個人の生活においても同じだと思います。
例えば友人から「貸してくれるだけ貸してほしい」と言われた時、「大丈夫なのかな。やばいかもしれない」などと感じませんか?
銀行員も「借りるだけ借りたい」などと銀行融資の申し込みを受ければ同じような印象を受けるのです。

銀行融資を申し込むときは希望金額を明確にするようにしましょう。
例えば新たな事業を展開する際、仕入資金や外注費用、および事業内容によっては新たな設備投資が必要になることもあるでしょう。
これらの費用を合計して、新たな事業を立ち上げるのに総額いくら資金が必要になるのかを算定しましょう。
その上で、自己資金をいくら投入するかの計画を決めれば、その差額が銀行融資での調達となります。
このように全体としていくら資金が必要なのか、その総額の必要資金のうちいくらを銀行融資で賄おうとしているのかを説明してください。

このような相談を受ければ銀行員としては、ではいったいいくらまで銀行融資でお手伝いをすることが出来るのかを検討することが出来るようになります。
借りられるだけ借りたいでは一体、どのような計画なのか、その計画に向けての真面目な姿勢すら疑ってしまうのです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。