試算表を作っていない

ホーム銀行融資の受け方>試算表を作っていない

銀行融資の審査の基本は前期以前の決算内容の分析ですが、これら決算書の数字はあくまでも過去の数字です。
そのため融資審査時においては前期決算以降の足許の状況がどうなっているのかも大きな判断項目となります。
前期決算以降の状況は試算表にて確認することになりますが、この試算表を作っていないとすると足許の状況を銀行は知ることが出来ません。





また試算表を作っていないということは融資先の経営状況を経営者自らも把握していないことを示します。
「頭の中に入っている」と言われる経営者もいらっしゃいますが、やはり試算表などの数字で経営状況は把握すべきです。
これが出来ていないということは、銀行としては怖くて融資など出来ないということになってしまいます。

試算表は銀行融資を受けるために必要のみならず、経営者自らが経営状況をしっかりと把握する上で欠かせない経営資料です。
ぜひ積極的に作成してください。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達