開業資金借入と自動車税の差押えについて

ホーム起業・創業融資の申込み>開業資金借入と自動車税の差押えについて

質問
現在、会社員として勤めています。
来年に退職し、自営業として独立開業を計画しています。
退職金等の自己資金の他に、日本政策金融公庫より融資を受けようと検討していましたが、先日、自動車税の支払いを失念しており、銀行口座から去年度の自動車税を差押えとして引かれました。
クレジットカードや自動車ローンの滞納はしたことがなく、信用情報については問題ないと考えていましたが、今回の差押えは資金融資において不利益となることがあるのでしょうか。

回答
日本政策金融公庫をはじめおよそ個人向けの融資においては必ず個人信用情報の調査が行われます。
ローンの支払いやクレジットカードの支払状況に問題はないか、過去に債務整理などの金融事故をおこしていないかなどの調査が行われます。
さて、自動車税の支払い遅延と銀行口座の差押えの件ですが、これらは個人信用情報の登録対象ではありません。
開業資金の審査においてこのことが直接不利に働くことはありません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。