信用保証協会付きの借入を代位弁済すると自宅はどうなる?

ホーム信用保証協会保証付融資の代位弁済>信用保証協会付きの借入を代位弁済すると自宅はどうなる?

質問
現在、ローンも残っているのですが自宅はどうなるのでしょうか。





回答
信用保証協会の保証付借入が代位弁済が行われるとその債権は代位弁済を行った信用保証協会に移転します。
そして信用保証協会としては早期かつ確実な債権回収手段を様々検討するわけですが、その1つの手段として債務者の自宅を競売等で売却をしてその売却代金でもって債権回収に充当することは一般的な手法であることは確かです。
代位弁済が行われると確実に自宅が競売等でなくなってしまうとは言い切れませんが、その可能性はあるわけです。
信用保証協会の保証付借入が信用保証協会に代位弁済されると、一定期間後信用保証協会から連絡があるはずです。
その連絡に対応せずにそのままにしていると自宅の強制競売等の可能性がより高まってきます。
したがって連絡があれば速やかに信用保証協会との話し合いの場をもって、今後の返済計画について相談されることをおすすめします。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%