銀行融資の基本

運転資金の使い道がわかる書類

運転資金の融資が銀行融資の中でもっとも多い使い道の融資です。
一方で銀行は運転資金の融資がきちんと運転資金の使い道に使用されているかどうかを確認しています。
今回の運転資金の資金使途管理と使い道について説明をします。

運転資金の使い道に関する質問

卸売業を営む会社を経営しています。
今回、銀行に運転資金の融資のお願いをしました。
先日その銀行から連絡があり、運転資金の使い道が分かる書類の提出を求められました。
運転資金の使い道が分かる書類とはどのようなものを出せば良いのでしょうか。
何か定型的に決まった書類というものはあるのでしょうか。
今回の運転資金の融資の使い道は商品の仕入資金に使うつもりです。

質問のポイント

・運転資金の融資を申し込んでいる
・銀行から運転資金の使い道がわかる書類の提出を求められた
・決まった形式の書類というものはあるのか
・運転資金の融資は商品の仕入資金に使うつもり

銀行の融資の資金使途管理

銀行の事業者向けの融資は事業に関する資金需要に対応するものです。
そして銀行は融資した資金がきちんと融資の使い道どおりに使われているかどうかをきちんと確認をしています。
運転資金の融資であればきちんと運転資金の使い道に使われているかどうか、設備資金の融資であればきちんと設備投資の使い道に使われているかどうかを確認しています。

融資が使い道通りに使われないということは

銀行の融資が使い道通りに使われないということはそれは事業に直接には関係のないところに資金が流出したということを意味します。
事業に直接には関係のないところに融資の資金を使っても、それは事業に利益をもたらすなどの恩恵をもたらすものではありません。
銀行としては事業とは関係のところに融資が使われたとなると、事業者の収益力や返済能力の低下を懸念し資金繰りの悪化から融資の返済に対する懸念を持つことになります。
このようなことを避けるために銀行は融資がきちんと使い道通りに使われているかどうかを確認しているのです。

運転資金の使い道

運転資金の使い道は基本的に次のような事柄です。

運転資金の使い道になるもの

・商品や原材料の仕入資金
・人件費や家賃、水道光熱費、燃料費などの経費
・外注費
・広告費
・法人税の納税資金

逆に運転資金の使い道とは認められないものは次のような事柄です。

運転資金の使い道とは認められないもの

・株式等への投資資金
・社長や関連会社、従業員や第三者への貸付
・他の借入金の返済資金
・設備投資資金

運転資金の使い道以外の融資を流用した場合には、その融資を全額一括返済が求められることもありますので注意が必要です。

運転資金の使い道がわかる書類

さて運転資金の使い道がわかる書類を銀行から求められたということですが、この運転資金の使い道がわかる書類に何か決まったものはありません。
今回の質問の場合には商品の仕入資金ということですから、仕入先への発注書が運転資金の使い道がわかる書類となります。
運転資金の使い道がわかる書類として共通していることは発注書や請求書、契約書など金額や使途がわかるものであれば形式を問われることはありません。

当サイトが確認済でいずれも安心できるおすすめの融資です(PR)



1.中小企業・個人事業主向け事業資金
大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

2.融資枠型ビジネスローン【あんしんワイド】
GMOあおぞらネット銀行が提供するビジネスローンです。
繰り返し利用ができる融資枠(極度枠)タイプです。
運転資金やつなぎ資金に利用ができます。

3.【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!
SMBCグループです。

-銀行融資の基本
-,