社長への貸付金が多い会社にからの融資相談

ホーム銀行融資申込事例集>社長への貸付金が多い会社にからの融資相談

中小企業において社長への貸付金が存在する会社は決して少なくありません。
貸付金の内容は様々ですが、多くの場合は会社の決算処理上においてなかなか表に出すのが難しい経費(高額な接待交際費など)を便宜的に社長への貸付金として処理しているケースが多いように思います。
社長への貸付金の程度は大小ですが、なかには数千万円に上る会社もあります。
今回はそのような社長への貸付金が数千万円に上る会社からの運転資金融資相談です。





銀行として多額の貸付金がある会社からの融資相談は頭を悩ます案件です。
それは会社の運転資金とか設備資金など事業用の必要資金を銀行は融資を行うわけですが、これが結果として社長への貸付金に流用される可能性が高いと判断出来るからです。
融資相談のあった会社の場合に、融資した資金が直接、社長への貸付金に流用されたかどうかはわかりません。
ただし融資実行後に社長への貸付金の額が増加していれば、直接的にせよ間接的にせよ融資資金が貸付金に流用されたと銀行は考えます。
流用されることを前提にして融資を行うことは出来ません。

今回の会社の場合には結果として会社の申し出通り、運転資金の融資を実行しました。
その際、社長には今後貸付金を増加させないこと、もし増加していれば今後の融資は出来ないことを案内し、そのことを承知してもらった上での対応でした。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%