社長への貸付金が多い会社にからの融資相談

投稿日:

ホーム銀行融資申込事例集>社長への貸付金が多い会社にからの融資相談

中小企業において社長への貸付金が存在する会社は決して少なくありません。
貸付金の内容は様々ですが、多くの場合は会社の決算処理上においてなかなか表に出すのが難しい経費(高額な接待交際費など)を便宜的に社長への貸付金として処理しているケースが多いように思います。
社長への貸付金の程度は大小ですが、なかには数千万円に上る会社もあります。
今回はそのような社長への貸付金が数千万円に上る会社からの運転資金融資相談です。

銀行として多額の貸付金がある会社からの融資相談は頭を悩ます案件です。
それは会社の運転資金とか設備資金など事業用の必要資金を銀行は融資を行うわけですが、これが結果として社長への貸付金に流用される可能性が高いと判断出来るからです。
融資相談のあった会社の場合に、融資した資金が直接、社長への貸付金に流用されたかどうかはわかりません。
ただし融資実行後に社長への貸付金の額が増加していれば、直接的にせよ間接的にせよ融資資金が貸付金に流用されたと銀行は考えます。
流用されることを前提にして融資を行うことは出来ません。

今回の会社の場合には結果として会社の申し出通り、運転資金の融資を実行しました。
その際、社長には今後貸付金を増加させないこと、もし増加していれば今後の融資は出来ないことを案内し、そのことを承知してもらった上での対応でした。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資申込事例集

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.