入出金取引は融資の強力な武器

投稿日:

入出金取引とは

売上金の入金や仕入れ代金の支払は銀行口座を利用して行うと思いますが、その銀行口座の利用が実は融資の強力な武器になるのです。
具体的な事例で説明します。

1億円の無担保融資相談

年商10億円ほどの警備業の会社の事例です。
当行は主力行であり業績は無難に推移していました。
当行以外に3つの銀行と取引があり、他行も当社に対しては積極的に融資提案を行っていました。
そのような当社よりある日、同業他社を買収する話があり、買収資金として1億円ほど必要なこと、出来たらその1億円を無担保にて借入したいとの相談がありました。
当行以外の3つの銀行にも同じような相談をするとのことでした。
当行はすでに当社に対しては無担保融資が1億円強実施しており、正直簡単には進められない融資案件でした。
数日後、その会社より連絡があり3つの銀行からはいずれも今回の融資は難しそうだということでした。
日頃より積極的に融資提案を行っていた他行ですが、それぞれの銀行も相応の無担保融資を実行しており、さらなる無担保融資はいくら業績が無難とはいえ、無理があるという判断だったと考えられます。

入出金取引に付随する預金平残が拠り所

当行はさきほど説明しましたようにすでに無担保融資が1億円強実施しており、更なる無担保融資へのハードルが高い状況でした。
しかし当行には他行にはない強みがありました。
それは当社の入出金取引はほぼすべて当行に集約されており、それがために当社の当行講座の預金平残は2億円以上ありました。
すでに実施している1億円強の無担保融資に今回の1億円を加えた2億円強の融資はこの預金平残の範囲に収まります。
預金を正式担保として取っている状態ではありませんので、いつ引き出されるかはわかりません。
しかし長年の当社の取引歴から少なくとも現状程度の業績が維持される限りはこの2億円強の預金平残は今後も期待出来ます。
この預金平残は銀行は広義の担保として考えており、融資判断の大きな拠り所となるのです。
結論として当行はこの預金量を拠り所として今回の1億円の無担保融資に最終的に実行しました。

入出金取引は本当に銀行との融資取引の強い武器になります。
「この銀行は長く付き合いたい」と思える銀行に入出金取引を集約してみると将来の大きな支えになることが期待出来ます。



-銀行融資審査マンの心理

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.