連帯保証人が直接面前で判子を押さなければいけない?

ホーム銀行融資と保証人>連帯保証人が直接面前で判子を押さなければいけない?

◆質問
銀行からの融資手続きを進めています。
銀行から連帯保証人に署名と判子を押す書類の説明を受けた際、直接銀行員の面前で連帯保証人が署名と判子を押さなければいけないと言われました。
しかし連帯保証人は遠隔地におり、わざわざ来てもらうことは出来ません。
ほかに方法はないのでしょうか?

◆回答
保証契約は銀行と連帯保証人間の契約であり、銀行員の面前で連帯保証人が署名・捺印をするのが原則です。
このことの意味は単に保証書などの書類に署名と捺印を求めるだけではなく、連帯保証人に保証内容の説明を銀行員が行い、連帯保証人の保証意思を確認する目的があります。

銀行員の面前で署名と捺印がある保証書などを銀行が徴求しない場合、実際のところは誰が署名と捺印をしたのか、銀行員にはわかりません。
将来連帯保証人に返済を請求する場面になった場合、連帯保証人から「私は署名と捺印をした覚えはない。勝手に誰かが行っただけ」と返済を拒絶される事態が想定されます。
そのようなことがないように、連帯保証人本人と銀行員が面談し単に書類上に署名と捺印を求めるだけではなく、保証意思を確認すること、つまり万が一の場合には連帯保証人が返済する意思を確認するわけです。

面前以外の方法で署名と捺印を求める方法もないではないですが、それは例外中の例外であり、現在ではほとんど認められないと思います。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。