融資審査マンの見方 銀行融資の基本

資金使途の重要性

資金使途の確認は融資審査の入り口

銀行はお客様より融資の相談を受けたとき、まず第一に確認することは何に使う目的の資金なのか、つまり資金使途です。
銀行が行う融資の資金使途は数種類があります。
代表的なものをあげると、運転資金、設備資金、賞与資金、納税資金、不動産プロジェクト資金などです。
いずれの資金使途もお客様の事業に関わるものを対象としています。
銀行の融資の事業方針はお客様の事業に関わる必要な資金を支援し、そのお客様の事業の発展・継続に資するということです。
これから外れる使途の融資は基本的に対象外としています。

資金使途違反の事例

そのため銀行は融資を行った後にきちんと使途通りに資金が利用されているかどうかをチェックしています。
例えば設備資金の場合を最初に説明します。
例として機械を購入する資金として融資をした場合について説明します。
この設備資金の場合は銀行としては資金使途の管理がしやすい種類のものであり、融資実務においては融資実行日に購入先にその機械購入代金を支払ってもらいます。
融資の契約時に支払先への振込伝票も一緒に預かり、融資実行と同時に振込を行います。
融資資金が使途以外に流用されることはまずないと言えるでしょう。

問題は運転資金です。
運転資金というのは材料費の支払資金であったり、給料の支払、家賃の支払、光熱費の支払など対象となるものが非常に多岐にわたります。
そして一時期に支払うものではなく、時間をかけて支払う、つまり少しずつ融資資金が利用される性質のものです。
そのため設備資金とは異なり、銀行が都度、運転資金融資の使途管理を行うことは実務上不可能です。
ではどうやって銀行は運転資金の使途管理を行っているのでしょうか?
次の図をご覧ください。
貸借対照表
これはある中小企業の最近3期の貸借対照表です。
この中小企業に対して2年前に運転資金として3,000万円の融資を銀行は実行しました。
2年前の長期借入金の欄を見ていただくと3年前に比べておよそ3,000万円増加していますが、これはさきほどの運転資金3,000万円の融資によるものです。
また2年前の現預金の欄を見ていただくと3年前に比べておよそ2,800万円増加しています。
これは3,000万円の融資の大半が現預金としてこの会社の手元に残っていると考えられます。
したがってこの時点では問題はありません。
手元資金を今後の材料費の支払や給料などに使用していけば何ら問題はありません。

ところがそれから1年が経過した1年前の貸借対照表を見てください。
短期貸付金が2年前と比べて3,000万円増加しています。
お金に色はありませんから融資を受けて手元にプールした資金が貸付金に直接使用されたと断定することは出来ませんが、総合的に見て融資の資金が最終的に短期貸付金に向かった、利用されたと見做すことが出来ます。
これは明確な資金使途違反です。
このように運転資金の場合の資金使途管理は事後的に銀行は行っているのです。

資金使途違反の代償

さて資金使途に違反した場合にはどうなると思いますか?
融資は金銭消費貸借契約です。
つまり契約です。
そして資金使途は契約の条項の1つです。
したがって資金使途違反は契約違反です。
そのため銀行は契約違反として融資を全額返済求めることが出来ます。
もっとも融資実務においてそこまで求めることは稀というかほとんどありません。
その後、どうような対応を銀行が行うかは千差万別です。
多いケースとしてはその資金使途違反の融資が完済にならない限り次の融資に応じないとか、今後の融資が使途以外に流用される不安が残る場合にはその融資先との取引は解消する方向で融資が毎月返済されていくのをひたすら待つといった消極的な対応を取ります。
前向きに今後も融資を行うことは決してありません。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-融資審査マンの見方, 銀行融資の基本
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.