銀行融資の基本 資金繰り

運転資金と手形サイトの関係

売上代金を手形で受け取る場合には、その手形サイトが運転資金に影響をしてきます。
運転資金と手形サイトの関係についてわかりやすく説明をします。

運転資金と手形サイトの関係に関する質問

建設業を営んでいる零細企業で経理を担当しています。
建設業の下請けを主な仕事としています。
仕事はおかげさまであるのですが、元請けさんからもらう手形のサイトが長くなってきており資金繰りが大変です。
銀行に融資の相談をするように社長に言っていますが、銀行は運転資金の融資を検討してもらえるのでしょうか?

運転資金とは売上代金回収までのつなぎ

事業を営むには仕入や人件費などさまざま資金が必要となります。
これらの資金は売上代金にて賄うことになりますが、売上代金を手形で受け取るということはすぐには資金として利用することは出来ません。
手形はご承知のとおり、手形で定められている支払期日が到来して初めて現金として使えるようになります。
そのため売上代金はすぐには手元に現金として入ってきませんから、仕入の支払や人件費の支払いなどの資金をそれまで別途準備をする必要があります。
このように売上代金が現金として使えるようになるまでの間の支払に必要となる資金こそが運転資金です。

運転資金とは売上代金を現金にて回収するまでの間のつなぎ資金

手形サイトが長くなるということは・・・

例えば今まで手形サイトが2ヶ月であったものが3ヶ月になったとします。
手形サイトが1ヶ月長くなったということです。
これは売上代金として受け取った手形を現金として使えるようになるまでに今までよりも1ヶ月長くかかるということです。
そのためそれまでは2ヶ月分の支払に相当する資金を運転資金として準備をしておけば良かったものが、3ヶ月分の支払に相当する運転資金を準備しなければならなくなったということです。
1ヶ月分多くの運転資金が必要になるということです。
当然、資金繰りを圧迫することとなります。

手形サイトが長くなるということは長くなった分だけ余計に運転資金が必要になるということ

銀行に運転資金融資の相談

このようなケースの場合には銀行に運転資金融資を受けて資金繰りを確保する必要が出て来るでしょう。

手形割引による運転資金融資が基本

手形サイトが長くなって運転資金が必要になった今回のケースでは、銀行の運転資金融資に対する基本姿勢は手形割引による融資となります。
運転資金が必要になった要因が手形ですから、その手形の割引にて運転資金を支援するというのが銀行の基本姿勢です。

手形割引とは

手形割引とは支払期日がまだ先の手形を銀行が買い取ることで、実質的に支払期日より前に手形を現金化させる融資のことです。
手形取引がある融資先への運転資金融資においては手形割引は基本中の基本であり、実際に広く手形割引は利用されています。
今回のケースでも銀行の基本的な対応方法は手形割引となると思いますから、迷わず銀行に運転資金の相談をしてください。

運転資金と手形サイトの関係のまとめ

以上、運転資金と手形サイトの関係をまとめますと次のようになります。

まとめ

・手形サイトの長期化はそれだけ手元に資金が入ってくるのが遅れるということ
・そのため手形サイトの長期化は資金繰りを圧迫するため運転資金が必要となる
・手形サイトの長期化が要因の運転資金に対しては手形割引による支援が銀行の基本的な融資姿勢

おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-銀行融資の基本, 資金繰り
-, ,