信用保証協会付融資を申し込むにあたり延滞している事実はわかってしまうものなのでしょうか?


2012年12月13日

ホーム信用保証協会保証付融資の審査>信用保証協会付融資を申し込むにあたり延滞している事実はわかってしまうものなのでしょうか?

質問
色々調べてみたのですがどうしてもわからない事がありご質問させて頂きました。
個人事業で開業し3ヶ月が経ちます。
業種は自動車板金塗装業です。
自己資金130万で開業したのですが自己資金は工場賃貸料や設備費でほぼ無くなってしまい開業当初に見込んでいた仕事がお客様の都合で延びる事になってしまい急遽融資の申し込みをする事になりました。
ただ当方ですがお恥ずかしいお話ですが個人名でクレジットカードとUFJ銀行のカードローンを4年程支払いしていない状態です。

4月頭に開業地域の商工会を通して日本政策金融公庫へ400万円の申し込みをしたのですが先日融資不可との連絡があり商工会の方から信用保証協会付融資の申し込みを勧められました。
公庫の融資不可の理由は公共料金に延滞があった事(書類提出時には完納しております)と自己資金が少ないとの事でした。
個人の延滞については全くふれられませんでした。
今回信用保証協会付融資を申し込むにあたり延滞している事実はわかってしまうものなのでしょうか?
今回も申し込みは商工会経由で行うのですが商工会にお伺いしても「出してみないとわからないから」としか返事を頂けず不安になってしまいご相談させて頂きました。

回答
日本政策金融公庫は個人信用情報の照会を行いますから、おそらく延滞の事実を知ったことが融資が無理であった一番の理由かと思われます。
一方で信用保証協会保証付き融資においては、個人信用情報の調査、つまり個人信用情報機関に照会を行うことはありません。
ただ信用保証協会での審査過程において、何らかの理由で個人のローンがあることがわかり、その返済状況の説明を求められることはあります。
このあたりは、やはり具体的な申し込み手続きをしてみないと明確なことは申し上げられません。
なお私の実務経験において、個人ローンを抱えたまま信用保証協会の保証付き融資を受けられた個人事業主の方はたくさんいらっしゃいます。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%