信用保証協会融資

信用保証協会が代位弁済すると連帯保証人はどうなりますか?

銀行への融資の返済ができなくなると信用保証協会が代わりに返済をしてくれます。
これを代位弁済といいますが、この場合に連帯保証人はどうなるのでしょうか?

質問

ある中小企業の銀行融資の連帯保証人になっていました。
その後、その中小企業が倒産していまい、現在私は銀行と信用保証協会から返済の請求を受けています。
銀行に私が連帯保証人として返済することは理解出来ています。
ただ信用保証協会へ私がなぜ返済をしなければならないのでしょうか?
私は中小企業が銀行融資を受けるにあたり連帯保証人になったのです。
信用保証協会は私と同じ保証人の立場だと思います。
その信用保証協会からなぜ私に返済の請求をしてくるのでしょうか?
理解が出来ません。

信用保証協会の代位弁済とは

まず信用保証協会の代位弁済について簡単に整理をしておきます。
中小企業や個人事業主は一般的に信用力が弱いために銀行から融資をスムーズに受けづらい状況にあります。
そこで公的機関である信用保証協会が融資の返済の保証人になることで中小企業や個人事業主はスムーズに銀行から融資を受けることができるようになります。
銀行としては公的機関である信用保証協会が保証人になってくれるのですから安心して融資を行うことができます。
そして万が一、銀行への融資の返済ができなくなった場合には信用保証協会が保証人として代わりに銀行に融資の返済をしてくれます。
これが信用保証協会の代位弁済です。

信用保証協会の代位弁済後

信用保証協会が銀行に対して代位弁済をした後は、銀行から融資を受けていた債務者はもう銀行に返済する必要はなくなります。
では一切返済する必要がなくなるのかというと決してそうではありません。
今度は信用保証協会に返済する義務を負うこととなります。

信用保証協会の求償権

債務者に代わって銀行に融資の返済をした信用保証協会は債務者に対して「代わりに返済をしてあげたのだから、今度は私に返して!」という求償権という権利を持ちます。
この求償権は法律で認められている当然の権利でもあります。
信用保証協会が銀行に代わりに返済をしてくれたから、もうそれで終わりということにはならないのです。

連帯保証人の立場

信用保証協会の保証制度を使って銀行から融資を受ける場合、連帯保証人は次の2つの連帯保証債務を負うこととなります。

・銀行に対する融資の連帯保証人
・信用保証協会に対する信用保証委託に関わる連帯保証人

銀行に対する連帯保証人

これは銀行から債務者が融資を受けるにあたっての連帯保証人としての立場です。

信保証協会に対する連帯保証人

これは信用保証協会に銀行への融資の保証人になってくれるよう申し込みを行う際に、信用保証協会と債務者は信用保証委託契約というものを締結しています。
この信用保証委託契約にも連帯保証人になっているのです。

信用保証協会が連帯保証人に持つ権利

上記のように連帯保証人は銀行と信用保証協会のそれぞれ連帯保証人になっています。

代位弁済による求償権の取得

さきほど信用保証協会が銀行に融資の返済を代わりに行うと信用保証協会は求償権という権利を持つことを説明しました。
この求償権の権利の相手方は債務者はもちろんのことですが、連帯保証人に対しても求償権という権利を代位弁済により信用保証協会は取得をするのです。
連帯保証人は債務者が銀行に融資の返済ができない場合に、代わりに銀行に返済をする義務を負っている人です。
信用保証協会が銀行に代位弁済を行うと銀行が債務者に持っていた権利が信用保証協会に移転することになります。
そして銀行が連帯保証人に持っていた権利も信用保証協会に移転することになります。
したがって信用保証協会は代位弁済をすると銀行に対する連帯保証人であった人に対して返済を求める権利を取得することとなるのです。
また信用保証協会が代位弁済をしたのですから、連帯保証人であった人に対して返済を求める権利、つまり求償権を当然に取得することになるのです。

連帯保証人の義務

したがって信用保証協会が代位弁済をしても、連帯保証人の返済義務はなくなることはなく、代位弁済後は権利者は信用保証協会ということになります。
そのため連帯保証人は信用保証協会から返済を求められる義務を負っているのです。

記事検索

キーワード一覧

-信用保証協会融資
-,