融資審査マンの見方

会社が赤字になったらどうなる

会社が赤字になったら銀行から融資を受けることは難しくなるのか・・・。
今の融資も返済を求められるのか・・・。
会社が赤字になった場合、銀行からの融資への影響について説明をします。

赤字に対する銀行員の考え方

まずは赤字先に対する銀行員の一般的な考え方はつぎのとおりです。
赤字

銀行の融資業務でもっとも大切なこと

銀行の融資業務をおいてもっとも大切なことは融資のボリュームを増加させることではありません。
融資した資金を最後まで回収することです。
万が一、融資が回収できない事態になった場合、それは貸倒となり銀行の損失となります。
一たび貸倒による損失が発生すれば、それまでの利息収入などは簡単に吹き飛んでしまい残るのは大きな損失だけです。
そのため銀行の融資業務においてもっとも大切なことは融資を最後まで回収することです。
この点において赤字ということは融資の返済に懸念が持たれる状態です。
返済ができなければ焦げ付き、つまり貸倒れが発生し損失が発生します。
そのため会社が赤字になったら、銀行から今までのようにスムーズに融資を受けることは難しくなります。

会社が赤字になったら一切融資は不可ではない

もっとも会社が赤字になったらもう銀行が一切融資が受けられないということではありません。
赤字先に対しても銀行は融資を行うことは少なくありません。

赤字の要因による

一言で赤字といってもいろいろとあります。

赤字の原因が一過性

例えば使っていない所有不動産を売却して売却損が発生したために会社が赤字になったということもあるでしょう。
このような赤字は一過性のものと考えることができます。
たまたま不動産を売却したから赤字になったのであって、それ以外の本業は黒字である場合には会社が赤字になったということだけで銀行が融資をしないということにはなりません。
一過性の赤字は本質的な赤字ではないからです。
このように赤字の原因が一過性の場合には会社が赤字になったらもう融資が難しくなるということはありません。

黒字転換の見通しがある

足元は赤字ではあるが、具体的に今後黒字転換の見通しがある場合には銀行も融資に応じる可能性があります。
赤字がこの先も続くようなことであると、融資の返済に懸念が持たれ簡単に銀行が融資に応じることはありませんが、今後黒字転換の見通しがあるのであれば融資を検討する可能性があります。
ただしその黒字転換の見通しは受注があるなど具体的なものでなければなりません。
営業に力を入れて黒字転換を目指すといった言葉だけではだめです。
黒字転換への具体的な見通しがあって銀行は融資が検討しやすくなります。

記事検索

キーワード一覧

-融資審査マンの見方
-