信用保証協会融資

信用保証協会保証付融資入門 信用保証協会保証付融資のメリット

主に中小企業や個人事業主の方々にとって銀行融資の代表格は信用保証協会の保証付融資です。
すでに信用保証協会保証付融資を利用されている方々にとっては、「また信用保証協会保証付融資か~」と思われるかもしれませんが、信用保証協会保証付融資には大きく4つのメリットがあります。

1.無担保でも長期の融資借入が可能なこと

通常銀行のプロパー融資の場合、無担保での借入の場合の融資期間は3年から5年程度が限界です。
毎月の返済負担を軽くしたり、設備投資など大きな借入を行う場合は借入期間はより長くして毎月の返済負担を軽減したいところですが、さきほども説明したとおり、無担保での銀行プロパー融資の期間は5年程度が限界です。
これに対して信用保証協会保証付融資の場合は、無担保でも10年の借入期間が可能です。
担保付となるとさらに最長20年までの借入も可能です。
より長期の借入を利用することで月々の返済負担を軽減させることが出来ます。

2.融資枠が拡大すること

銀行のプロパー融資の場合、どれだけ業績が堅調な会社であっても、融資量には一定の限界があります。
中小企業に対しては銀行のプロパー融資の限度額はおおよそ5,000万円程度が限界です。
さらに業績が悪化している場合等は融資限度額は減少し、ゼロの場合もあります。
したがって中小企業がより大きな借入を必要とする場合は銀行のプロパー融資だけでは不足する場合があります。
そんな場合は、信用保証協会保証付融資を利用することで銀行借入額を増やすことが出来るのです。

3.極度型の融資が利用可能であること

会社の資金繰りは余剰の時期もあれば、逆に不足する時期もあります。
本来会社の資金繰りに応じて銀行融資を利用するには、分割返済による融資ではなく、必要なときに借入をし資金があまったときに任意の金額を返済出来る方式が理想的です。
銀行のプロパー融資にもそういった形式のものもありますが、これが利用出来るのは事実上上場企業に代表される大企業に限られます。
しかし信用保証協会保証付融資には「当座貸越」と呼ばれる極度型の融資形態があり、これを利用すれば中小企業でも「必要なときに資金を借入し、任意の時期に任意の金額を返済できる」融資の利用が可能になるのです。

4.各地公体の低利で固定金利の制度融資が利用可能であること

各都道府県では中小企業の資金繰りを支援する目的で利率が低い融資制度を準備しています。
この制度は信用保証協会の保証付融資の利用が前提となっています。
信用保証協会の保証制度を利用することにより有利な条件の固定金利での融資が受けられる可能性があります。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-信用保証協会融資
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.