主力や準主力行以外の銀行からの融資を期待する場合

投稿日:

ホーム銀行とのつきあい方>主力や準主力行以外の銀行からの融資を期待する場合

主力や準主力行以外の銀行の融資姿勢の基本は「見極め」です。
何を見極めているかと言えばそれは、
・業績の状況
・主力行や準主力行の融資姿勢(積極的か消極的か)
・売上金の回収取引の集中度
を主に参考にして融資方針を見極めます。

業績に問題はなく主力行や準主力行との取引状況にも特段変化はない、かつ一定の売上金の入金をその銀行に入れておけば、主力や準主力行以外の銀行からも比較的容易に融資を受けられる可能性があります。
一方で逆の場合には主力や準主力行以外の銀行からの融資可能性はあまり期待出来ず、もっぱら主力や準主力行からの融資に依存せざるを得なくなります。
主力や準主力行というのは基本的には融資先の資金繰りを守る地位にあります。
しかし青天井に融資が可能なわけではありません。
多少なりとも主力や準主力行の融資姿勢に不安がある場合や融資量が不足する場合には、その他の銀行との関係にも気を配っておくことが大切です。

主力や準主力行は主に上記3点を見極めて融資の可否を検討するものです。
これらの銀行からの融資を期待する場合には、日頃から業績の報告をしたり売上回収金をその銀行口座に入金指定するなどの動きが大切ということになります。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行とのつきあい方

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.