銀行融資の審査では財務状況をトレンドで見ています


2013年09月07日

ホーム銀行融資審査マンの心理>銀行融資の審査では財務状況をトレンドで見ています

銀行の融資審査担当者は融資先の財務状況を短期間ではなく長期間で見ています。
つまり直前期の決算がその前より売上が増えたのか、減ったのか、あるいは黒字か赤字かなど短絡的に見ているのではありません。
過去数年の決算状況を見て、融資先は業況が上昇トレンドにあるのか、あるいは悪化トレンドにあるのかを見極めて融資の審査をしています。
したがって直前期の決算がその前と比べて売上が増加し利益が黒字であっても、長期のトレンドを見ると売上が低下傾向にありかつ利益水準も減少傾向にあれば、融資の審査目線は厳しくなります。

よく現場ではお客さんから「前期は売上が増えました」とか「前期は黒字を確保出来ました」といった声を耳にしますが、それだけではなく会社の置かれている状況を分析し今後どのような経営を行っていくのかを示すのが銀行融資の審査面においては良い評価を受けることになります。
仮に前期の売上が低下し、赤字転落になったとしても今後の業況に明るい材料があれば銀行融資は前向きに考えることが出来ます。

経営管理の面でも財務状況を長期のトレンドで分析することが必要かと考えます。

ホーム銀行融資審査マンの心理へ戻る






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%