信用保証協会融資

代位弁済となった借入金の処理

ホーム信用保証協会保証付融資の代位弁済>代位弁済となった借入金の処理

質問
法人で銀行から信用保証協会の保証付借入金の返済ができなくなったため、保証人である社長の不動産を一部競売したりしましたが、それでも多額の債務が残っています。
借入金は銀行から信用保証協会に移管されています。
そして社長は信用保証協会へ毎月少しずつ払っている状態です。
この場合、銀行はすでに債権放棄しているものなのでしょうか?
また銀行が債権放棄しているならば、法人は債務免除益を計上しても問題ないのでしょうか?

回答
銀行は債権放棄をしたのではなく、信用保証協会からの代位弁済によって債権を回収したものです。
そして今まで銀行が持っていた債権は代位弁済によって信用保証協会に移っています。
したがって法人の債務は相手が銀行から信用保証協会に代わっただけであって、債務が消滅しているわけではありません。
そのため法人が債務免除益を計上することは出来ません。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-信用保証協会融資

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.