連帯保証の相続について

ホーム銀行融資と保証人>連帯保証の相続について

質問
先日、信用保証協会というところから私宛に通知が来ました。
私の父(故人)は生前、小さな会社を経営しておりその際、銀行から信用保証協会の保証付融資を受けており、父が連帯保証人になっていたようです。
父は私に心配をかけないためか、銀行から融資は受けていないと生前言っていました。
私もそうなんだろうと考えていました。
しかし今回の通知の内容から考えると、さきほども申し上げたように銀行から融資を受けており、父がその連帯保証人になっていたようです。





そして今回の通知は父の相続人である私に融資の返済をするよう求める内容でした。
やはり私はこの融資の返済をしなければならないのでしょうか。
何かいい方法がありましたら教えてください。

回答
相続は正の資産とともに負の遺産も相続対象となります。
負の遺産を知ってから3ヶ月以内であれば相続放棄の手段が考えられます。
しかし正の資産に仮に手を付けていれば、難しい側面も出てくると思います。
弁護士などの専門家に相談されることをおすすめします。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達