担当者とのリレーションシップ


ホーム銀行とのつきあい方>担当者とのリレーションシップ

銀行とのつきあいにおいて融資担当者や役席などとのリレーションシップは大切です。
特に今後も追加融資等を受ける予定、あるいは資金繰り上受ける必要が高い場合にはなおさらです。
銀行融資審査の基本は財務内容等の信用力の判断ですが、やはり審査は「人」が行います。
この際、多少財務内容等が悪くても「あの社長だから何とか融資をしてあげたい」という思いは実際にあります。
そして担当者をはじめ関係者がどうすれば融資が出来るのか、知恵を絞ったりします。
つまり規定上は融資が出来ないケースでも、何とか規定を犯すことはなく融資が出来る方法はないものかと考えるのです。
実際にこのようなケースは少なくありません。
日頃からの銀行とのリレーションが左右する局面です。

銀行の担当者等の関係が疎遠になっていると、銀行側も「何とか融資をしてあげたい」という思いが沸いてきません。
規定上無理であれば、融資の謝絶に直結します。
ぷらっと銀行に寄ったりするだけでもリレーションは構築出来ます。
ちょっとしたことで銀行の対応は変わってくるものです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト