執拗な金利交渉は安定的な銀行融資にはマイナス

ホーム銀行融資の受け方>執拗な金利交渉は安定的な銀行融資にはマイナス

融資を受ける側からみて銀行融資の金利は低い方が良いに決まっています。
銀行としても融資をしたいという思いが強かったり、他の銀行との競争もあって低金利にて提案をしてくることもあるかと思います。
融資を受ける側としても金利をもっと引き下げるように交渉をすることもあるでしょう。

ここで考えていただきたいことは銀行も株式会社であり利益を上げなければならないということです。
このこともあり、銀行は融資先の個社毎に採算を管理しています。
また別の面から見ますと、融資を受ける側からすると金利が高い低いも大切だと思いますが、それよりももっと重要なことは必要な時に安定的に銀行から融資を受けて資金繰りを維持することです。





低金利の融資は銀行の採算を悪化させます。
低採算の融資先については何とか採算を改善させようと銀行は考えます。
融資以外の取引、例えば振込の取扱いなどで採算を改善させるなどが一例です。
しかし融資先毎の採算に大きな影響を与えるのはやはり融資ですし、その金利です。
銀行の採算管理は融資量に対してどれだけの利益が上がっているのかという観点で管理をしています。
融資は銀行からみれば資産です。
その資産に対してどの程度の利益率があるのかを管理しているのです。

銀行融資の金利が低ければ、上記の利益率が改善することはありませんし、むしろ足を引っ張っています。
このような低採算の融資先については改善交渉を行い、それでも改善の見通しがつかない場合には取引そのものを見直しすることすらあります。
わかりやすい表現でいえば、「あそこは金利がうるさくて採算が改善しない。今後は無理して融資をすることはないよ」ということです。

事業を行っていく上で、資金繰りの維持は生命線ですし、いつも資金繰りが安定しているとは限りません。
銀行融資により資金繰りを維持しなければならない時もあるでしょう。
金利を銀行の言いなりになる必要はありませんが、安定的に銀行から融資を受けて資金繰りの心配をしないようにしておくことがもっとも大切なことではないでしょうか。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%