銀行融資の期間は短期よりも長期で借りる

投稿日:

ホーム銀行融資の受け方>銀行融資の期間は短期よりも長期で借りる

銀行融資の融資期間はその資金使途によっておおまかな目線というものがあります。
運転資金であれば1年以内から5年程度、設備資金であれば3年から10年程度、賞与や納税のための資金であれば半年といった具合です。
ここでは事例の多い運転資金を例にして融資期間を考えてみます。
例えば一時的に支払いが多くなり今月末の資金繰りが少し不安であるものの、3か月後にはまとまった売上の入金があるため、3ヶ月程度の融資があれば資金繰りは当面不安なないとします。
銀行融資には当然利息がかかりますから、支払う利息を少なくするという観点からは融資の期間は短いほど良く、この場合には売上の入金までの3ヶ月がベストのように考えられます。

しかし本当に3ヶ月の銀行融資で大丈夫なのか、ちょっと立ち止まって考えるポイントです。
もしこの3ヶ月の間に予定していた売上の入金が一部でも遅れた場合、資金繰りは大丈夫ですか?
この3ヶ月を含めて今後、売上が増加し増加運転資金が必要となっても手許資金だけで資金繰りは大丈夫ですか?
もしこのような事態になった場合、その時に改めて銀行に融資相談をすれば良いとの考えはありますが、肝心の銀行は別の見方をする可能性があります。
それは「この前、運転資金を融資したにも関わらず、また資金が必要なの?」というネガティブな見方です。
銀行の融資審査の姿勢はこのように保守的な物事をネガティブに考えた上で融資可否の判断を行う傾向があります。
売上の入金が遅れたとか増加運転資金が必要になった場合に、もしスムーズに銀行融資が受けられない事態となれば、資金繰りに大きな支障が生じるかもしれません。
資金繰りに不安を抱えたままでは、安心して事業遂行に専念することは難しくなるはずです。
資金繰りの安定は何よりも優先されるべき経営事項です。

したがって銀行から融資を受ける際には、融資後の「もしかして」の事態に備えるためにも出来るだけ長期の期間にて受けるべきなのです。
その後、真に資金繰りの余裕が出来た場合には、一部繰上返済などで対応すれば良いことです。
利息は資金繰りの保険と考えてみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資の受け方

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.