銀行融資審査はここを見ている その5本当は赤字ではないの?

投稿日:

ホーム銀行融資審査マンの心理>銀行融資審査はここを見ている その5本当は赤字ではないの?

決算書の損益計算書にはその決算期の損益が示されているわけですが、時々黒字決算にはなっているものの、その利益水準が数十万円とか数万円といった決算書を見ることがあります。
1期の決算のみならまだしも、ほぼ毎年黒字決算とはなっているものの上記のように極めて低水準の状況が続いていることがあります。
これは銀行融資の審査においては偶然に毎年利益が低水準であったと考えるのではなく、本当は赤字だが銀行には赤字決算は見せられないということで黒字に粉飾しているのではないと疑問を持ちます。
つまり利益が数十万円とか数万円である場合には、銀行員は黒字ではなく実態は赤字であることを前提に融資の審査に臨みます。
「もしかしたら粉飾をしているのかもしれない」と疑問を持たれる可能性もありますので、本当は赤字であれば正面から赤字決算にした方が良い場合があります。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資審査マンの心理

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.