メインバンクだからといって融資は通らない

ホーム銀行融資審査マンの心理>メインバンクだからといって融資は通らない

メインバンクは融資先の資金繰りの維持に一定の社会的責任を負っているのは確かです。
業績が悪化して資金の調達が思うようにいかない、どこの取引銀行も相手にしてくれないといった場合でも、メインバンクは最後の資金繰りの砦として融資先の資金繰りが破綻しないように支援を行い、融資先の企業の存続に最後まで付き合う一定の役割を持っています。
しかしなんでもメインバンクだからといって融資に応じるわけではありません。

以前担当していた会社は業績が毎年苦しく、資金繰りに困ると追加の融資を行なって支援をしてきました。
その会社は当行の他に3つの金融機関と取引がありましたが、どの金融機関も相手にしてくれません。
業績が毎年赤字続きの状態だったからです。
他の金融機関に融資を断れては当行に融資相談があり、潰すわけにはいかないという当時の判断で融資を行い資金繰りの支援を行なっていました。
先月に追加融資を行なった後に再び今月融資の相談を受けました。
こういうことは過去にもあったことですが、ここ最近はその頻度が高まっていました。

追加融資を行うにあたっては銀行内では「今回の融資で当面の資金繰りは維持出来る」とか「業務の改善計画に基づき、徐々にではあるが今後は業績の回復が期待できる」といって判断根拠で銀行は融資に応じているわけです。
ところが毎月のように融資の相談があるということは「当面の資金繰りは維持出来るとは言えません。
また資金が足りないということは計画通りに業務の改善が進んでいないとも考えられます。
そうであればどれだけ資金繰り支援のために融資を行なっても、業績や資金繰りの改善は期待出来ないということです。
さらにはそれだけ銀行の貸倒の見込み額が増大してしまうということです。
銀行も主力先の資金繰りの維持に一定の責任を負っているといっても、自ずと限度があります。
いたずらに、回収の見込みがない融資を続けてもそれだけ将来の貸倒損失が膨らむだけということであれば、もう追加の融資を行うことは難しくなります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。