信用保証協会の保証余力は融資判断の安心材


ホーム銀行とのつきあい方>信用保証協会の保証余力は融資判断の安心材

プロパーの融資判断を行う場合に、その判断材料の1つとして融資先の資金調達余力の有無というものがあります。
つまりこの融資先はあとどれくらいお金を借りる潜在的な可能性があるのかを融資判断の材料の1つとしています。
会社というのはどれだけ赤字決算であっても資金繰りが続く限りは破綻することはありません。
逆に言えば、どれだけ決算が好決算であっても資金繰りが途絶えてしまえば、その時点で会社は倒産します。
つまり資金繰りの維持が会社の存続にとって最も重要な事柄です。

銀行融資の審査の観点からみるとまだ資金調達の余力があり資金繰りが維持出来るということは融資をしてもその返済が滞る可能性が低いと判断することが出来ます。
信用保証協会の保証余力はこの会社は信用保証協会の保証の利用によりまだ資金を調達することが出来るから、事業と資金繰りが維持されて融資の返済が滞る可能性も低いと考えることが出来るのです。

したがって会社はとしては取引銀行からプロパーの融資、つまり信用保証協会を利用しない融資を利用出来るのであれば、それを利用し信用保証協会の保証余力を温存していくことが1つのテクニックだと言えます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト