信用保証協会融資

信用保証協会の審査と個人信用情報

「個人で過去のローンの延滞をしたことがあるから、信用保証協会の審査が心配だ」といった質問がしばしば寄せられています。
信用保証協会は事業資金に関する業務を行っているが、カードローンやクレジットカードなど純粋に非事業性のことが審査に影響を及ぼすのでしょうか。
信用保証協会の審査と個人信用情報の関係について整理をします。

質問

信用保証の審査で心配なことがあり 質問させて頂きます。
個人事業主の妻です
以前にも保証協会の審査は通って借り入れもしていますが、今回はクレジットカードのキャッシングで残高45万あります。
これは主人名義ではなく妻の私名義のカードで口座も別の銀行にしてあります
しかしこういう事実があると保証協会での審査はどうなりますか。
またクレジットカードと消費者金融とでは見方は同じなのでしょうか
また銀行が保証協会に資料を提出する前に完済すれば大丈夫ですか。
信金さんはすでに資料はFAXしてあるのであとは書類をだして審査を待つだけと言っていました。
セーフティネットを利用するのですが認定はもらいました。
宜しくお願いします

信用保証協会の個人信用情報機関加盟状況

まずそもそもの話ですが、個人信用情報を取得するには個人信用情報機関に加盟していないと利用ができません。
では信用保証協会は加盟しているのかといえば、加盟しています。
銀行系の「全国銀行個人信用情報センター」に加盟をしています。
そして全国銀行個人信用情報センターは消費者金融系の日本信用情報機構とクレジットカード系のシーアイーシーという個人信用情報機関と提携をしています。
つまり信用保証協会は申し込みをされた個人事業主や中小企業の代表取締役の個人信用情報を調査する機能を有しています。

信用保証協会は勝手に個人信用情報を調査しない

もっとも信用保証協会が個人信用情報機関に加盟しているからといって、信用保証協会が個人信用情報を勝手に調査を行うことはしません。
必ず調査前に調査対象の個人から「個人信用情報機関の利用及び登録等に関する同意書」という書面にて本人の同意を得てから個人信用情報を調査します。
個人信用情報機関の利用及び登録等に関する同意書
これが「個人信用情報機関の利用及び登録等に関する同意書」です(東京信用保証協会のHPに掲載されているもの)。

信用保証協会はどのような場合に調査するのか

さてなぜ信用保証協会が個人信用情報を調査するのかと言えば、それは当然審査に利用するためです。
では信用保証協会の申込の都度、審査のために個人信用情報を調査しているのかといえば、必ずしもそうではありません。

初めて信用保証協会を利用する場合

初めて信用保証協会を利用する場合にはその審査において信用保証協会は必ず個人信用情報を調査します。
もちろん事前に本人から「個人信用情報機関の利用及び登録等に関する同意書」にて同意を得たうえで個人信用情報を調査します。

信用保証協会の利用が2回目以降の場合

すでに信用保証協会の利用実績があり、再び信用保証協会の利用する場合には原則として個人信用情報は調査されません。
しかし信用保証協会の利用実績があるものの、現在は利用がなく、その後再び信用保証協会を利用する場合には個人信用情報が調査される可能性があります。

妻の個人信用情報は調査されない

さて今回の質問のケースで審査において信用保証協会が個人信用情報を調査すると言えば、その対象は個人事業主本人である夫です。
妻は審査には関係ありませんから信用保証協会が個人信用情報を調査することはありません。

記事検索

キーワード一覧

-信用保証協会融資
-, , ,