信用保証協会融資

信用保証協会の連帯保証人から解除されるには?

中小企業が信用保証協会の保証制度を利用する際には、原則として代表取締役が連帯保証人になることが条件となっています。
しかし代表取締役を退任したら連帯保証人から解除されたいと考えるでしょう。
信用保証協会の連帯保証人から解除されるにはどうしたら良いのかを説明します。

連帯保証人から解除に関する質問

代表取締役を解任されました。
その会社は信用保証協会の保証付融資を受けていますが、オーナーがいてその人の指示で以前に代表取締役になりました。
しかし今回、専務取締役が代表取締役となり私は解任されました。
何の権限のないのに連帯保証の責任だけが残っているのは理解出来ません。

連帯保証人解除の条件

信用保証協会の保証付融資の連帯保証人を途中で変更することは原則としてありません。
しかし代表取締役から解任されたのであれば連帯保証人から解除されたいと考えるのは自然です。
連帯保証人から解除されるには信用保証協会の同意が必要ですが、そのような場合に信用保証協会が連帯保証人の解除に同意するのかを説明します。

新代表取締役と連帯保証人を交代する

もっとも一般的な対応としては新しく代表取締役が連帯保証人となることで前代表取締役が連帯保証人から解除されるケースです。
銀行や信用保証協会が中小企業の代表取締役を連帯保証人として求める背景としては、

・中小企業と代表取締役は実質一体
・中小企業においては法人と個人とが資金面等で深いつながりがある

といった特徴の他に、代表取締役に経営責任を自覚してもらうという目的があります。
代表取締役が交代したのであれば、その新代表取締役が連帯保証人になることは経営責任を自覚してもらう上で好都合です。
したがって新代表取締役が連帯保証人になるのであれば、比較的簡単に前代表取締役は連帯保証人から解除されます。

退任後融資の連帯保証人にならない

しかし新代表取締役の立場からすると、自分が代表取締役ではなかった時の融資の連帯保証人にはなりたくないという気持ちがあるでしょう。
実際にもこういったケースが多いのが現実です。
このような場合には、前代表取締役時代に借入した融資については完済まで引き続き連帯保証人として残るものの、以降の新しい融資の連帯保証人にはならないという方法があります。
実務においても代表取締役を退任した後の融資には銀行も信用保証協会も前代表取締役に連帯保証人になるように求めることはありません。

融資を借り換える

そしておそらくもっとも実務上で取り扱いが多いのが融資の借換により実質的に前代表取締役が連帯保証人から解除される方法です。
これは新代表取締役の会社が前代表取締役時代に借入した融資を借り換えるのです。
前代表取締役としては自身が連帯保証人になっている借入が借換によりなくなりますので、保証対象の借入自体がなくなります。
つまり実質的に連帯保証人から解除されることになるのです。
連帯保証人から解除されるにはやや面倒な手続きが必要となりますが、借換による方法が簡易で済みます。
実務上においても多く取り扱いがあります。

連帯保証人からの解除のまとめ

このように上記3つの方法で信用保証協会の連帯保証人から解除される手続きが一般的です。
代表取締役から退任した後は銀行や信用保証協会も前代表取締役に連帯保証人になるように求めることはありません。


おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-信用保証協会融資
-,