一融資先当たりの無担保限度額

ホーム銀行融資申込事例集>一融資先当たりの無担保限度額

年商が10億円ほどの輸出業者から無担保で3億円の融資申し込みが来た。
銀行は一企業あたりどの程度融資を行うか、そのうち無担保扱いではどの程度までが限度なのかを融資先の財務状況を中心に策定をしています。
これら限度は1円も超えられないのかと言えば決してそのようなものではありませんが、大きな目線として現実的にはこの限度内で融資の運営を行なっています。
また銀行の各支店においては支店決裁で対応できる融資総額の限度や無担保融資の限度が設定されています。
支店決裁の限度を超える融資を検討をする場合には本部審査部の決裁権限となります。





今回の取引先は無担保で3億円の融資の申込です。
銀行によって同じ融資先であっても無担保融資の限度額は異なりますが、一般的には最大でも1億円程度です。
ですから今回、3億円の無担保融資を検討するには担当の支店は本部審査部に融資稟議をあげる必要があります。
本部審査部に融資稟議をあげるとなると支店の負担感は一気に高まります。
したがって「この先は対応しないといけない」といった大切な融資先の場合には時間と労力をかけて本部審査部に融資稟議の手続きを進めますが、そうではない融資先に対しては支店の融資決裁権限内での対応になることが大半です。

実際、この融資先からの3億円の無担保融資はあまりにも過大と判断し、希望には沿えないとの回答をしました。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%