社長が自ら答えない

投稿日:

ホーム銀行融資審査マンの心理>社長が自ら答えない

銀行融資の申し込みを受けた場合など、足元の業績や資金繰り状況などについて会社側にヒアリングすることが多くあります。
その際、私たちはその会社の社長に質問を行います。
その時、社長の隣の席に経理の責任者などが同席されることが時々あります。
このこと自体は問題ではありません。
そして私たちより社長に質問を行うと、社長が答えずに隣に同席されている経理の責任者などが答えることがあります。
ここで問題となるのは社長がまったく質問に答えずに社長は経理責任者の顔を見るだけで、その経理責任者がもっぱら答える場合です。

私たちはなぜ融資が必要になったのか、その要因となる資金繰り状況などについて質問を行うわけで、それは日頃から資金繰りに精通している経理責任者から答えてもらった方が適切だとも言えます。
ただ社長にも答えて欲しいのです。
社長がまったく答えずに回答を経理責任者などに任せっきりというのは社長が資金繰りという経営においてもっとも大切な要素を把握していないのではないかと疑問を持ってしまうからです。
細かいことは経理責任者から答えさせてもまったく問題はありません。
しかしすべて経理責任者に任せっきりというのは、社長が日頃から資金繰りや足元の業績を把握していないのではないかと感じてしまうのです。
これはやはり印象としてマイナスです。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資審査マンの心理

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.