信用保証協会融資

信用保証協会は損害金を幾らか免除してくれるのでしょうか?

免除は在り得る

銀行融資の返済が困難となり信用保証協会による代位弁済を受けると、信用保証協会宛に年率14%の損害金が発生します。
1,000万円につき年140万円の割合です。
信用保証協会の代位弁済を受けると、銀行に代わり信用保証協会宛に返済義務が生じますが、分割して返済していく場合、返済分はまず元金部分に優先的に配分されます。
そして元金をすべて返済した後に、損害金の返済に配分されることになります。
現実問題として銀行融資の返済が困難となって信用保証協会の代位弁済を受けたわけですから、信用保証協会宛に早期に返済することは困難なはずで、返済完了までは相当の長期間に及ぶことが通常です。
そして損害金はこの間、ずっと増え続けることになり、その金額は多額に上ることが少なくありません。
ただ信用保証協会の代位弁済を受けた取引先から伺うと、損害金の免除はありうることです。
全額の免除はあり得ませんが、いくらかの水準で「値決め」があるようです。

関連コンテンツ

-信用保証協会融資
-,

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5