外部情報との整合性

投稿日:

ホーム銀行融資の審査に関すること>外部情報との整合性

銀行融資の審査において外部情報との整合性を検証することがあります。
具体的には帝国データバンクに登録されている決算数値と銀行に提出されている決算数値とが一致しているかどうかです。
同じ決算書を銀行にも帝国データバンクにも提出している場合には当然、数値の不一致は発生しません。
ところが例が多くないものの、両者の数値が一致しない場合があります。
これは銀行と帝国データバンクに提出している決算書が違うということが考えられます。
違う決算書があるということは粉飾決算が強く疑われます。
逆の言い方をすれば銀行は外部データを利用することにより提出を受けている決算書の信ぴょう性を確認していることになります。

外部データと数値の不一致が判明した場合、その不一致の理由が合理的に解明されない限り融資を行うことはありません。
実際問題として数値の不一致に合理的な理由を見出すことはまずありませんから、このような事態になった場合には融資が当然に受けられないということになります。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資の審査に関すること

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.