返済額の減額をしたらブラックになる?

投稿日:

ホーム返済条件変更(リスケ)>返済額の減額をしたらブラックになる?

銀行融資を受けたものの、その後の業績が思うように行かず返済額の減額をしたら俗に言うブラックになるのかどうか・・・。
時々取引先から質問を受ける事柄です。
ブラックという言葉が適切かどうかは別にして、返済額の減額をした場合、銀行からは「危ない会社」とのレッテルを貼られることは事実です。
返済額の減額をしたら当面の間、新規の融資を受けることは出来なくなります。
したがって俗に言うブラックになるというのは正しいと言えるでしょう。
そのため返済額の減額後は資金繰りを手元資金にて回して行かなければなりませんから、十分な資金見通しを立てた上で、決断をすることが大切です。

ただ永遠にブラックということではありません。
返済額を元の状態に戻して、再び新規の融資を受けている会社は存在します。
ものすごい珍しいケースとまでは言えません。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-返済条件変更(リスケ)

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.